映画-Movie Walker > 作品を探す > 沈黙-サイレンス-

予告編動画を見る 沈黙-サイレンス-の画像

17世紀の日本におけるキリシタン弾圧をポルトガル人司祭の目を通して描いた遠藤周作の小説を、巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化した歴史ドラマ。師の棄教の真実を探るため、日本を訪れる若き司祭をアンドリュー・ガーフィールドとアダム・ドライバーが演じるほか、窪塚洋介や浅野忠信らも重要な役で出演する。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

17世紀。江戸初期頃の日本では、幕府により厳しいキリシタン弾圧が行われていた。日本での布教活動に情熱を注いでいた高名な宣教師フェレイラが捕らえられ棄教したとの報に接した弟子ロドリゴとガルペは、日本人キチジローの手引きでマカオ経由で長崎に潜入。そこでは、想像を絶する光景が広がっていた。弾圧の目をかいくぐった隠れキリシタンたちの現状も目の当たりにする。幕府は一層取締りを強化、キチジローの裏切りに遭い、ロドリゴたちも捕らえられてしまう。頑なに信心を曲げないロドリゴに対し、長崎奉行は彼のために犠牲になる人々を突き付ける。信仰を貫くべきか、棄教し目の前の人々の命を守るべきか。追い詰められ自身の弱さを実感したロドリゴは、選択を迫られる。

見たい映画に
登録した人
51

作品データ

原題 SILENCE
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 KADOKAWA
上映時間 165
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク delicious livedoorクリップ
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

関連ニュース

スコセッシ監督が来日、『沈黙』がいま撮られるべき映画である理由とは?
スコセッシ監督が来日、『沈黙』がいま撮られるべき映画である理由とは?(2017年1月16日)

マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の小説を映画化した『沈黙-サイレンス-』(1月21日公開)来日記者会見が1月16日にザ・リッツ・カールトン東京で開催され、ス…

浅野忠信、『沈黙』は米アカデミー賞ノミネートに「選ばれる」と自信!
浅野忠信、『沈黙』は米アカデミー賞ノミネートに「選ばれる」と自信!(2017年1月12日)

巨匠マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の小説を映画化した『沈黙-サイレンス-』(1月21日公開)の外国特派員協会記者会見が1月12日に開催され、窪塚洋介、浅野…

AKIRAや青木崇高ら、M・スコセッシ監督作『沈黙』への出演が明らかに
AKIRAや青木崇高ら、M・スコセッシ監督作『沈黙』への出演が明らかに(2016年12月9日)

『ディパーテッド』(06)で、アカデミー賞の作品賞と監督賞を受賞したマーティン・スコセッシ監督が、遠藤周作の傑作文学を映像化する『沈黙-サイレンス-』(2017…

フォトギャラリー

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 沈黙-サイレンス-

ムービーウォーカー 上へ戻る