映画-Movie Walker > 作品を探す > 美女と野獣 > レビュー

投稿レビュー(16件)美女と野獣は星4つ

「美女と野獣」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

王道で、贅沢で、堪能 (投稿日:5/14)

既に誰もが知っているアニメの名作を実写映画化するにあたり、製作者はおそらく悩んだに違いない。 アニメのファンは裏切れない、期待値を超えるクオリティは必須、しかも、新たな驚きと満足をどうすれば与えられるのか? 結果として、新作のスタッフは高レベルでハードルを超えていった。
これでもかと贅を尽くしてきめ細かい画像、新曲を加えた名曲の数々、主役が心を通わせる小さなエピソードの設定、大詰めで次々登場する米英の名優の面々(一切キャストを見ずに映画館に飛び込んだので、驚きと喜びが倍加! 全員はまり役 ! トレローニー先生、優雅に名唱!!)…。
アニメに想いの深いファンほどに満足できるのではないか。煩いことは言わず、夢の世界にひたればいいではないか。これを楽しめないのはなんとももったいない。»ガイドライン違反報告

投稿:afternoonteabreak

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

大好きな映画 (投稿日:5/11)

▼ネタばれ(クリックして読む)

アニメ版の美女と野獣はディズニー映画の中でも1番好きな映画で、何十回と見ました。
その実写版というだけあってとっても楽しみにしていました!!
始まりの音楽といい、“ボンジュール”で始まるあの歌と言い映画のまんまで嬉しいです。
最後は何度見ても泣けちゃいますね。
アニメと違ってバラの最後の1枚が落ちた際のポット夫人やみんなが“物”となるまでを描いてあったのも泣けました。


ガストンや町人がお城に野獣を退治しに城内へ入った際に
ル・フゥが「見覚えがあるな~」のセリフの意味が
当初分からなくて、アニメ版の事を言ってるのかと思い
「なんでここにきてアニメの話題?」と思ったら
魔女がみんなのお城の記憶を消してたんですもんね。
最後を見て納得いきました。

その場面になる前のベルがパパの元へ戻った際の
野獣の歌がちょっといらないかな。って思っちゃいました。
アニメにはなかったからなおさらそう感じるのか
ちょっとくどい感じがしました。

»ガイドライン違反報告

投稿:ナコ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

美しいおとぎ話 (投稿日:5/10)

吹替版を鑑賞。
どのキャストもぴったりで夢見心地な二時間でした。美しい映像と美しい歌を堪能しました。»ガイドライン違反報告

投稿:TAKE

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

“美女と野獣”ーそれは私たちの中にもある物語 (投稿日:5/9)

連休中にツレと観に行きました。後方の席につくと、場内には私達のようなカップルは数組ほどで、あとは女性ばかり…。1列前の席など、'91年のアニメ版を観て育ちました♪といった感じのオトナ女子達でいっぱいでした。

彼女らの少し(?)先輩になる私は、当時あれだけ話題になったにもかかわらず未見のまま。それが幸いして、たくさんの発見や気づきがあり、エンタメとしてはもちろん、心を見つめ直す映画として大変楽しめました。

ベルと野獣…一見すると正反対に見える二人ですが、それぞれ内面と外面に人とは「変わっている」部分を持つ者同士。それを受け入れて前向きに生きようとしているのがベルで、野獣の方は昔とは違ってしまった今の姿を受け入れられず、卑屈になっている・・・。
この共通項プラス陰陽というか、ネガポジの関係性が、互いを惹きつけあうんですね。これって、男女が惹かれあう時の永遠の法則のような───

でも、このネガポジ要素って、私達一人ひとりの心の中にもありますよね。そのどちらを多く表現するかで、個性や生き方が変わってくる・・・
私も、自分の中のベル的要素を成長させていくことで野獣的部分を飼いならし、純粋で大らかな生き方をしたい!と、改めて強く思わされました。

…が、そんな小理屈を抜きにしても、音楽・美術・世界観…全てが大人の楽しめる素晴らしい完成度!
野獣になる前の王子の顔が、白い舞踏会用メイクで判別できず、ラストで明らかになってビックリです。人気海外ドラマ『ダウントン・アビー』のマシュー様じゃありませんか。
ほかにも、ユアン・マクレガーや『ロード・オブ・ザ・リング』ガンダルフ役のイアン・マッケランなど、名だたる俳優さん達が出演していたのが最後になってわかり、もう一度観直したくなりました~

それにしても、ベルを演じたエマ・ワトソンの見事な歌と美しさと言ったら…
『ハリーポッター』シリーズのハーマイオニー役が、“幼虫~さなぎ”時代だったとしたら、本当に美しい“蝶”に脱皮&羽化されましたね~。今後の彼女の活躍が、とっても楽しみです♪»ガイドライン違反報告

投稿:月子

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

思い入れのある作品だからって期待しすぎない (投稿日:5/7)

ストーリーは分かっていても、すてきな映像や豪華な衣装、迫力ある歌の場面などを期待して観に行きました。それはすべて期待通りで文句のつけようがありませんでした。なのになぜ、こんなにちぐはぐで面白いと感じないのか。それは吹き替えだったからかなと思っています。もちろん吹き替えキャストの方々はとても歌がうまく素敵でしたが、なんだか映像や演技と合わない部分があったように感じます。特にはじめのベルが街中で歌う豪華なシーンは、はじめの見せ場にも関わらず、どこかちぐはぐてすっと入らない。そこから違和感が最後までありました。また、吹き替えとは関係なく演出の面で、はじめのほうは野獣の怖さをもっと強調したほうがよかったのではと思いました。小さい頃は、ベルと一緒に野獣を怖がり、優しさにキュンとし、好きになっていたものです。最初に怖くないとその過程を経験できないじゃないですか!とても好きなアニメ作品だっただけに、期待しすぎていたのかもしれません。ただ、私の憧れの女性ベルを見事に演じたエマはたいへん可愛く美しく、エマを観ているだけで満たされました。»ガイドライン違反報告

投稿:しんば

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

普通の映画でした… (投稿日:5/7)

評判が高かったため期待していたのですが、私はそこまで面白いと思いませんでした。良くも悪くも過去のアニメ作品そのままという感想です。
むしろ、アニメ絵では納得できるストーリー展開でも、実写化だと不自然に思えるようなムズ痒さを感じました。悪い映画ではなかったけど、期待していた分ハードルが上がっちゃったかな…
あと全体的に暗い雰囲気があって、子供が夢中になって見るような楽しい映画ではないなあと。
»ガイドライン違反報告

投稿:はむ

評価:3
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

キタ~!やっぱりコレだ~! (投稿日:4/29)

カミさん同伴で2D字幕観賞。
アニメからそのままに“キタ~”という感じです。
同じ実写版でもフランス版は女性目線、このディズニー版は男性目線のような気がします。
カミさんはフランス版の方がキュンとしたそうです。
自分は断然ディズニー派です。
とにかく壮大で荘厳で美しい。キャストもセットも画も音楽も流れも最高に素敵です。
ただ、あまりにもミュージカル過ぎて若干鬱陶しい場面もありましたが、それでもご機嫌です!
1992年のアニメ版を観た人は特に、観ていない人はこの際ぜひに、ご覧いただきたい逸品です。»ガイドライン違反報告

投稿:YO99

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

正直な感想… (投稿日:4/28)

魔女はガストンにも魔法をかけるべきだったのでは?と思ってしまった。だって、あの野獣も元々の人間の王子だった頃は、お坊っちゃま育ちでワガママで優しさに欠けていたわけでガストンとあまり大差なかったのだから。魔法で姿を変えられ後悔したあげく相手の優しさにも過敏になり、己も優しさを身に付けてきたから良かったものの…優しくしてもらえず、お城の人間すべてをモノに変えてしまった魔女が一番の悪者のようにも思えてしまった。まぁ、ファンタジーだし、それにしても黄色のドレスは映えるね!ちなみに王子は野獣の姿のままの方が凛々しくて逞しくて良かったと思うのでした。»ガイドライン違反報告

投稿:スナフキン

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

心の不思議 (投稿日:4/26)

ずっと不思議だったのは、舞台やバレエの「美女と野獣」ってベルが野獣に惹かれていく過程が描かれていなかったこと…暗黙の了解みたいなところがあって。
でも、この作品、王子思いの小道具達も手伝ってか、その過程が何気なく伝わって来た。
何気なくでいいと思う。
何かを好きになる理由って分からないものだから…
見ための綺麗なものを気にいるとは限らないし、醜いものを嫌いになるとも限らない。
それが生きているって事なのかも。
上手く言えないけど…心が洗われるような作品でした。
ディズニーっていいな。»ガイドライン違反報告

投稿:KI-ki

評価:5
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

野獣が可愛かった (投稿日:4/26)

もうダメかと落ち込んでいても恋の力、愛の力の素晴らしさを教えてくれる素敵な映画でした

私は女性のくせに映画館を出た時に野獣になっていました
そして風に揺れる木々さえも話出しそうな感じがしました

とっても感動しました モアナも観ましたが沢山泣けて感動したのは美女と野獣でした
あっと言う間に時間が過ぎて字幕を観ましたが、吹き替えも観たいと思いました
»ガイドライン違反報告

投稿:ジェイド

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 美女と野獣 > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る