映画-Movie Walker > 作品を探す > ブリングリング > レビュー

投稿レビュー(11件)ブリングリングは星3つ

「ブリングリング」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

本当に実話なの!?…て、なるような1本 (投稿日:2015/8/18)


とても華やかで、
ゾクゾクする作品だけれど
実話と分かると
かなり怖い…

映画の脚本という点からは
とてもいい作品
前半の暗さと
中盤の盛り上がり
ラストでの締めは
なかなか楽しい

ただただ、実話というポイントが
恐ろしい1本
»ガイドライン違反報告

投稿:S

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

やりたい放題 (投稿日:2014/1/25)

遊び感覚でセレブ宅に侵入し窃盗を繰り返し..................被害総額3億円!?
やっぱセレブ宅はすごいよね~ぇ。ゴージャスすぎ!!
今回、実際に被害に遭ったパリス・ヒルトンが自宅を撮影場所に提供しているのがすごい!!

外国って普通の家でも結構アラームが鳴るように設定されてるけど、セレブ宅はそういうことしないの?
警備もいないし、その地区の警備みたいなのもない。
それじゃ~ぁ平気で外部から入り込めちゃって.......................あまりにも無防備!!
そんなに簡単に泥棒には入れちゃうんなら、本当の泥棒さんはなぜ入らないのって感じ!?

はじめにセレブ宅に侵入して大金も手にしたわりには、ショッピングに行った服屋さんはなんだか庶民的!!
安っぽさも感じられた。
しょせんゴージャスすぎるものは彼女たちには合わないってこと???

若者たちは泥棒・クラブ・パーティーを行ったり来たりで........................10代の有り余るパワーもどこにぶつけていいかわかんないって感じ!?
それにしても後先も考えず、思うがままにやりたい放題ではちゃけすぎ!!

この映画はニッキーが主人公みたいだけど、なんかケイティ・チャンの方が主人公っぽい。
でもかわいい..........、エマ・ワトソン。
ドキュメンタリー形式ではないが、時折実際の映像も流れる。
それにしても、これにかかわった若者たちはちっとも反省してないような..............。
ちょっと怒りも覚えた。»ガイドライン違反報告

投稿:barney

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

盗人猛々しい。 (投稿日:2014/1/24)

▼ネタばれ(クリックして読む)

この事件がニュースになった時のことを何となく覚えている。
確かP・ヒルトンがインタビューに応えていたような…。
今作を観て(当たり前だけど)嫌悪感を抱くことは然りだし、
ソフィアもそこらへんのことを加味して描いたんだろうけど、
ストーリーにもならない無軌道無機質なこういう若者たちが
今は当たり前に溢れているんだろうな…と思うとやたら怖い。
ちなみに監督の家はセキュリティはバッチリなんだろうか?
襲われたセレブ邸の「空き巣さんいらっしゃ~い♪」的な
ぞんざいぶりにはホント驚いた。窓は開いてるし、誰もいない。
どうぞ、何でも持っていって♪って感じだもんね~あれじゃ。

主人公?となる男子は地味な転校生で友達もいないことから、
早速一番性悪そうな女の子・レベッカに目をつけられる。
親友?じゃないだろ、窃盗仲間だろ?と思うほど付け込まれ、
セレブ邸への窃盗を繰り返す。そこへまた仲間たちが加わる。
ハリポタのE・ワトソンが仲間のニッキー役を好演しているが、
彼女の場合、賢そうな顔立ちから小賢しい悪人といった感じ。
妹のサム役、T・ファーミガの方がワルの丸出し感がアリアリ。
どちらにしてもどうしようもない連中の勢揃いなのである。
学校にも行かずに、毎晩のようにクラブ通い、パーティ三昧、
普段の生活からして庶民からはかなり程遠い気がするけど、
カラバサスでは毎晩こんなことが繰り返されているんだろうか。

どうしようもない事件に関わった連中を、どうしようもなく描く、
という点ではかなりリアルで観応えあるが、
やはり観る方がどこにも感情移入ができない(若者ならできる?)
ところから、やや視点が外れて、PTAのオバさん気分で観ていた。
それでも繰り返される窃盗に魅力がないので(宝石・時計を見ても)
こういう感覚は、こういう世界で育っていないと分からないよな~
ということになる。羨ましいこともなくて、ただのおバカ連中が
こそこそと豪邸に盗みに入っては、身につけて自慢しているだけ。
やがて自身の虚しさに気付く時がくるんだろうか…と思う間に
逮捕。裁判の一部と判決に至るまでを今作では描いているが…。

まったくもって同情の余地もない事件・出来事。
逮捕されてなお、自身を取り繕う女子たち(やっぱオンナだわね)
の本性の凄さには、男性陣が驚いてしまうんじゃないかな^^;

(キラキラしたけりゃ鉱山でも掘ってこい!なんて思っちゃうけど)»ガイドライン違反報告

投稿:ひゃん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

誰かちゃんと躾けて下さい。 (投稿日:2014/1/9)

▼ネタばれ(クリックして読む)

全然罪の意識が無いんですね。

相手がセレブだからなのかな。
だけど誰だって自分の知らない間に他人が家に侵入して居たら気持ち悪いよね。

セレブが遠い存在に感じられないのかもしれない。
それなりに裕福て、可愛くて、若い。それだけで天下だもんね。

それにしたって、顔を隠す訳でも、手袋をする訳でもなく、あまりに安易でおバカすぎるように思えるんだけど。

そしてしたたか。
誰かちゃんと躾けて下さい。
»ガイドライン違反報告

投稿:

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

意外と (投稿日:2014/1/5)

このような作品は、
最初は結構勢いがあるけれども、
最後が収集着かなくなり、くだらなくなる事が多いので、
気にして見ていたのですが、
思ったより最後がすんなりと纏まっていたので良かったです。
»ガイドライン違反報告

投稿:雪藻

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

今時の感覚? (投稿日:2013/12/26)

大胆不敵。考え方も、やることも、後先考えない。未来はバラ色に満ちている。

彼女たちの行動以前に、セレブたちの浅はかな警備体制。玄関マットに鍵。アラーム警報もなし。
物がたくさんありすぎて、ブリングリングの彼女たちだって、ごっそりではなく、ちょろちょろっと盗む。きっとセレブはだだっ広い邸宅の中のどこかにあるだろう…とか思ってしまうんでは?

P.ヒルトン、被害にあったせよ、撮影に部屋貸したと聞くが、あれそのものだったら、ヤバい。どれだけ、自己陶酔強いんでしょうか。まぁ。ある意味幸せです。

強盗たちが、貧乏ではない家庭であるのは一目瞭然。強盗するというスリル。現実の辛さとか、生まれて感じたこともない、ただただ、ぬるい人生に刺激が欲しい。1度成功したなら、次回もできるという傲慢な自身で、まるで友達の家に行くが如く、強盗。すんなり入ったら、もう試着会。きゃぁきゃぁ言って、強盗とは似ても似つかぬ。でも実話。
で、いよいよって時になったら、泣くとか?でもインタビューとかで語る彼らは、全く反省もとより、自分たちがしたことに何も思っていらっしゃらない。セレブも、盗まれたからと言って、人生の危機とも思っていないのでしょう。

物の価値が歪む。物や情報が溢れたことから発生した事件とも言える。薄っぺらい。彼女たちの将来ってどうなるんですかね。このことも、自分たちの人生を語る華の一部に化すのではないか。

レベッカは親切だけど、親友には危ない。サムやニッキーは高校生の考えど真ん中であり、クロエは一瞬、スマートな子ですが、何にも関心なさそう。マークは女子ばかりと一緒で、悪くないけど、やはりずれてる。今時の高校生ってこんなもの?

»ガイドライン違反報告

投稿:seapoint

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

おいたしちゃだめヨ (投稿日:2013/12/17)

まったく、こまった子供たちだ。
でもって、こまったセレブたちだ。

窃盗団っつっても、ネットで住所検索して、住人達がイベント出席で不在の時を狙って空き巣をはたらくだけ。しかもそれが成功しちゃうのが、ホントにこまったもんだ。お金あるんでしょ、警備員くらい雇っておけばいいのに(^^;

でも本当にこまったちゃんなのは、事件後にかれらを持てはやすメディアと、それにのっかる愚かなファン。
それみたことか、それを利用してカリスマになろうとする窃盗団メンバ。
凡人から見るとどうにも滑稽で悲しく見えるのが皮肉だ。

ソフィア・コッポラは、ゴージャスな消費の華やかさと、裏返しの空しさを描くのがうまい。SOMEWHERE然り、マリー・アントワネット然り、ロスト・イン・トランスレーションもか。

ところでこのヘンテコな犯罪劇、そのうち太平洋を越えて模倣のうまい極東の国にもやってくるかもしれない。

アジアのセレブよ、ご用心あれ。»ガイドライン違反報告

投稿:おだちん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ブリングリング > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る