映画-Movie Walker > 作品を探す > 共喰い

共喰いの画像

作家・田中慎弥の第146回芥川賞に輝いた同名小説を、『東京公園』の青山真治監督が映画化した人間ドラマ。山口県下関市を舞台に、行為の際に女性を殴る性癖を持つ父親と、そんな父親の血を持つ事にいらだちを募らせる高校生とのひと夏の物語が展開する。主人公の少年を「仮面ライダーW」の菅田将暉が繊細に演じる。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 40
レビュー 8
投票 32
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 35% (5)
星4つ 100% (14)
星3つ 100% (14)
星2つ 50% (7)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

昭和63年夏。高校2年生の遠馬(菅田将暉)は父親とその愛人・琴子とともに山口県下関市に暮らしていた。母親の仁子は川を挟んだ向こう側で魚屋を営んでおり、遠馬は時々仁子に魚をさばいてもらいに行っていた。日ごろから父親と琴子の情事を目にしている遠馬は、性交の際に父親が女に暴力をふるうことを忌み嫌っていたが、幼なじみの千種と暴力的なセックスをしてしまい、自分にも父親の血が流れていることに愕然とする。千種とはそのことが原因で関係が悪化してしまう。台風が近づいてきて町中が水浸しになる中、琴子は身重の身でありながら家出する。父親が憤怒しながら琴子を探していると、遠馬と仲直りしようと神社で待ちわびる千種を見つける……。

見たい映画に
登録した人
114

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 ビターズ・エンド
上映時間 102
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク delicious livedoorクリップ
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 青山真治
脚本 荒井晴彦
原作 田中慎弥
プロデューサー 甲斐真樹
撮影 今井孝博
美術 清水剛
装飾 秋田谷宣博
音楽 山田勳生青山真治
音響 菊池信之
照明 松本憲人
編集 田巻源太
衣裳 篠塚奈美
ヘアメイク 田中マリ子
アソシエイト・プロデューサー 佐藤公美
制作担当 中村哲也
助監督 吉田亮
特機 塩見泰久

キャスト

遠馬 菅田将暉
千種 木下美咲
琴子 篠原友希子
遠馬の父 光石研
仁子 田中裕子
刑事 岸部一徳
刑事 淵上泰史
アパートの女 宍倉暁子

レビュー

雰囲気がいい

投稿者:naoko

(投稿日:2015/03/01)

雰囲気がいい。暴力と方言が組合わさると妙に怖い(仁義なき戦い…

[続きを読む]

支持者:0人

逆親子丼状態になるという…

投稿者:でーいー

(投稿日:2013/10/24)

素晴らしかったです。 青山監督の他の作品を知らないのですが…

[続きを読む]

支持者:1人

関連ニュース

菅田将暉、青山真治監督の現場は「突き詰めていくと快感だった」
菅田将暉、青山真治監督の現場は「突き詰めていくと快感だった」(2013年9月6日)

『仮面ライダーW』の菅田将暉から、『共喰い』の菅田将暉へ。菅田が「転機となりました」と公言した主演映画『共喰い』が、9月7日(土)から公開される。田中慎弥の第1…

菅田将暉&青山真治監督が『共喰い』の果敢な性描写の舞台裏を激白
菅田将暉&青山真治監督が『共喰い』の果敢な性描写の舞台裏を激白(2013年9月5日)

第66回ロカルノ国際映画祭で「YOUTH JURY AWARD最優秀作品賞」と「ボッカリーノ賞最優秀監督賞」をダブル受賞した『共喰い』(9月7日公開)。原作は、…

「もらっといてやる」発言の芥川賞作家・田中慎弥に菅田将暉が「あれは狙い?」
「もらっといてやる」発言の芥川賞作家・田中慎弥に菅田将暉が「あれは狙い?」(2013年8月26日)

田中慎弥の第146回芥川賞受賞作の同名小説を、『東京公園』(11)の青山真治が映画化した『共喰い』(9月7日公開)。本作が第66回ロカルノ国際映画祭で「YOUTH JURY AWARD最優秀作品賞」と「ボッカリーノ賞最優秀監督賞」をダブル受…

フォトギャラリー

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 共喰い

ムービーウォーカー 上へ戻る