映画-Movie Walker > 作品を探す > カルロス(2010)

革命を夢見たテロリスト、イリッチ・ラミレス・サンチェスがのしあがるために起こした多くの事件、ヒーロー視される栄光の瞬間、そして転落していく様を全3部に渡り描くアクションドラマ。オランダ、イギリス、フランス、ドイツ、シリア、イエメンなど10数ヶ国で撮影が敢行された。監督は「クリーン」「夏時間の庭」のオリヴィエ・アサイヤス。主演は「タイタンの逆襲」「チェ28歳の革命」のエドガー・ラミレス。ほか、「ボスタ! 踊る幸福の赤いバス」のロドニー・エル・ハッダード、「愛の涯 私は風になった」のアレクサンダー・シェアー、「ずっとあなたを愛してる」のオリヴィエ・クリュヴェイエらが出演。2010年カンヌ国際映画祭特別上映作品。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 4
レビュー 0
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (3)
星4つ 33% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

暗号名カルロスを名乗っていたベネズエラの活動家イリッチ・ラミレス・サンチェス(エドガー・ラミレス)は革命を夢見ていた。パレスチナ解放人民戦線の補佐としてジョセフ・エドワード・シーフを銃撃。日本赤軍によるオランダ・ハーグのフランス大使館銃撃の支援、西ドイツのテロ組織・革命細胞とともに起こしたオルリー空港でのイスラエルの航空機砲撃など、数々の事件を経て評判を上げていく。政情により石油輸出機構(OPEC)を味方につけ原油価格を30%値上げしたい、パレスチナ解放人民戦線と協力関係にあるイラクのサダム・フセインは、値上げ強行の妨げとなるサウジアラビアの石油相とイランの石油相を抹殺するという作戦に、カルロスを指名。1975年、カルロスは西独革命細胞やパレスチナ解放人民戦線の同士たちとオーストリア・ウィーンにあるOPEC本部を襲撃。アラブ各国の首脳たちを人質に取り、関係者を誘拐、アルジェリア、リビア、チュニジア各国で革命の支持を訴えるカルロスたちに、世界各国のマスコミが注目する。その後カルロスはシリアの庇護のもと、武器の密輸やヨーロッパでのテロ事件の黒幕として暗躍。しかし、ベルリンの壁が崩壊し、冷戦が終結した。革命家として存在していたカルロスの立場が変化。支援者を失い、カルロスはスーダンへ逃亡する。酒と女におぼれる中、各国の情報機関が彼を追い込もうとしていた……。

見たい映画に
登録した人
19

作品データ

原題 CARLOS
製作年 2010年
製作国 フランス=ドイツ
配給 マーメイドフィルム
上映時間 326
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

カルロス/イリッチ・ラミレス・サンチェス エドガー・ラミレス
アンドレ/ミシェル・ムハルバル ファディー・アビ・サムラ
ワディ・ハダド アフマド・カーブル
アンジー/ハンス=ヨアヒム・クライン クリストフ・バック
マグダレーナ・コップ ノラ・フォン・ヴァルトシュテッテン
ハリド/アニス・ナッカシュ ロドニー・エル・ハッダード
ナーダ/ガブリエレ・クロヒャー=ティーデマン ジュリア・フンマー
スティーブ/ヨハネス・バインリヒ アレクサンダー・シェアー
アリ/カマル・アル・イサウィ タラル・エル・ジョルディ
ジョセフ ラミ・ファラー
ボニ/ビルフリート・ベーゼ アリョーシャ・シュターデルマン
ブリギッテ・クールマン カタリーナ・シュトラー
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > カルロス(2010)

ムービーウォーカー 上へ戻る