Movie Walker Top > 作品を探す > プラチナデータ

プラチナデータの画像

東野圭吾の同名小説を、『るろうに剣心』の大友啓史監督が、二宮和也主演で映画化したSFサスペンス。日本国民全員のDNA情報が管理され、犯罪の検挙率100%、冤罪率が0%になった近未来で、警察庁でDNA捜査システムを作り出すも、連続殺人犯の嫌疑をかけられた天才科学者と、彼を追う捜査一課の刑事の姿をスリリングに描く。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 174
レビュー 30
投票 144
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 40% (27)
星4つ 78% (52)
星3つ 100% (66)
星2つ 33% (22)
星1つ 10% (7)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

それは明日かもしれない、近い将来の日本。国策として、極秘裏に収集した全国民のDNAデータ“プラチナデータ”を利用した高度なDNA捜査が導入され、検挙率100%、冤罪率0%の社会が完成していた。皮肉屋で自信家の天才科学者、神楽龍平(二宮和也)は、警察庁に新設された特殊捜査機関“特殊解析研究所”、通称“特解研”に所属する犯罪捜査の専門家。所長・志賀孝志(生瀬勝久)指揮の下で数々の難事件を解決してきた彼は、DNA 捜査が通用しない連続猟奇殺人事件“NF13(Not Found13)”を担当することになる。だが、同一犯人と思われる手口によって、DNA捜査システムを開発した天才数学者の蓼科早樹(水原希子)とその兄・耕作も殺されてしまう。遺伝子学教授の水上利江子(鈴木保奈美)が勤める新世紀大学病院から一歩も外に出なかった早樹。密室ともいえる状態で、犯行はどのように行われたのか?現場に残されていたわずかな皮膚片からDNA データの抽出に成功した神楽は分析を開始するが、適合率99.99%で容疑者として特定されたのは自分自身だった。一切身に覚えのない神楽は逃亡を決意。“追う者”だった神楽は、自ら手がけたDNA捜査によって“追われる者”となる。この事件の捜査担当となった警視庁捜査一課の浅間玲司(豊川悦司)は、現場叩き上げで豊富な経験を持つ敏腕刑事。DNA 捜査システムを掻い潜って逃走する神楽を追い詰めた浅間は、神楽の中に、もう1つの人格“リュウ”が存在していることに気付く。多重人格者であることを自覚していない神楽龍平とリュウ。永遠に出会うことのない2人にどんな秘密が隠されているのか?特解研の同僚、白鳥里沙(杏)のサポートを得て逃走を続ける神楽は、事件の裏に何かが存在していることを知る。神楽は白か黒か?真相は何なのか?全ての鍵を握るのは“プラチナデータ”。信じられるのは科学か、自分自身か……?

見たい映画に
登録した人
281

作品データ

原題 Plnatina Data
製作年 2012年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 133
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク delicious livedoorクリップ
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大友啓史
脚本 浜田秀哉
原作 東野圭吾
エグゼクティブ・プロデューサー 山内章弘
プロデュース 佐藤喜宏澁澤匡哉
企画 佐藤喜宏澁澤匡哉
プロダクション統括 金澤清美
製作 市川南服部洋藤島ジュリー景子見城徹松木茂吉川英作川邊健太郎
プロデューサー 川田尚広
撮影 佐光朗
美術 橋本創
音楽 澤野弘之
主題歌
録音 湯脇房雄
照明 渡部嘉
編集 今井剛
ポストプロダクションプロデューサー 大屋哲男
製作担当 森悦子
助監督 猪腰弘之

キャスト

神楽龍平 二宮和也
水上利江子 鈴木保奈美
志賀孝志 生瀬勝久
白鳥里沙
蓼科早樹 水原希子
遠藤要
和田聰宏
中村育二
萩原聖人
浅間玲司 豊川悦司

レビュー

アイデンティティ探し

投稿者:アスピリクエタ

(投稿日:2014/07/08)

私は基本的に邦画しか観ないが、この映画はヒット作というので観…

[続きを読む]

支持者:0人

ニノのメガネ姿がかっこいい!!!

投稿者:junjun

(投稿日:2014/04/01)

ニノ、メガネ似合いますね♪ 科学が進歩するって すごい良…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

『プラチナデータ』が二宮和也&豊川悦司の“ラブストーリー”になった理由は?
『プラチナデータ』が二宮和也&豊川悦司の“ラブストーリー”になった理由は?(2013年3月17日)

東野圭吾原作のSFサスペンスを、二宮和也主演で映画化した『プラチナデータ』(公開中)。監督は『るろうに剣心』(12)の大友啓史だが、舞台挨拶や会見で本作のことを「追われる者と追う者の“ラブストーリー”」だと公言した。確かに、逃亡者役の二宮と…

博多駅前広場にファン7000人が集結!二宮和也が5都市で舞台挨拶
博多駅前広場にファン7000人が集結!二宮和也が5都市で舞台挨拶(2013年3月29日)

3月16日に公開され、公開から12日目にして観客動員110万人、興行収入13億円を突破している『プラチナデータ』(公開中)。本作の公開までに実施した「神楽龍平を…

『プラチナデータ』の監督「逃走犯・二宮和也を、リアルにボロボロにしたかった」
『プラチナデータ』の監督「逃走犯・二宮和也を、リアルにボロボロにしたかった」(2013年3月16日)

東野圭吾の同名小説を、二宮和也や豊川悦司を迎えて映画化したSFサスペンス『プラチナデータ』(公開中)。メガホンを取ったのは、キレのある時代劇アクションで『るろうに剣心』(12)を大ヒットさせた大友啓史監督だ。本作では、二宮や豊川たちの緊迫感…

フォトギャラリー

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
iPhoneアプリ「ムービーウォーカー」
メールマガジン:週刊MovieWalker

映画上映スケジュールが無料で探せるiPhoneアプリ
»詳しくはこちら

Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > 作品を探す > プラチナデータ

ムービーウォーカー 上へ戻る