Movie Walker Top > 作品を探す > 花の詩女 ゴティックメード

花の詩女 ゴティックメードの画像

架空の小惑星を舞台に、詩女(うため)と呼ばれる予言者の少女と高貴な皇子との旅を描いたSF冒険ファンタジー。監督・原作・脚本は『ファイブスター物語』などで知られるメカデザイナーの永野護。自身が手がけた数々のロボット兵器はもちろん、土台となるセルアニメにCG処理を施して、壮大なスケール感を創出している。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 22
レビュー 4
投票 18
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (9)
星4つ 33% (3)
星3つ 88% (8)
星2つ 22% (2)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

茜の大地と緑の山々に彩られる小さな惑星、カーマイン・プラネットは、増加する人類の受け皿で、周辺惑星の列強国により資源調達の場所として搾取し続けられていた。そこに暮らす人々の心の支えは、預言者であり人々を導く“詩女(うため)”の存在。その詩女を継ぐことになった少女・ベリン(声:川村万梨阿)は、任地である聖都“ハ・リ”へと旅立つ。だが、その平和な旅の途中、突然、嵐が吹き荒れる。戦艦シワルベの艦隊を引き連れたドナウ帝国のトリハロン皇子(声:佐々木望)が、ベリンの命が狙われているという噂のもと、惑星評議会の命を受け、一行を警護することになったのだ。平和を祈る少女・ベリンと、生まれながらに戦う運命を背負う少年・トリハロン。そんな二人の旅の前途には、暗く大きな雷雲が待ち受けていた……。

見たい映画に
登録した人
40

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 角川映画
上映時間 70
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク delicious livedoorクリップ
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 永野護
脚本 永野護
原作 永野護
企画 安田猛矢野健二
製作 井上伸一郎
プロデューサー 榎本郁子富樫真
制作プロデューサー 堀裕治
絵コンテ/ストーリーボード 永野護
作画監督 名倉靖博
美術監督 小倉宏昌
音楽 長岡成貢
音楽プロデューサー 矢部敦志
主題曲/主題歌 川村万梨阿
ナレーション 榊原良子

キャスト

詩女ベリン 川村万梨阿
トリハロン 佐々木望
アデム 折笠愛
ラブ 大谷育江
ボットバルト 大塚明夫

レビュー

FSSはもう完結しましたか?

投稿者:パライバ

(投稿日:2012/11/30)

FSSもここ数年は購入しておらず(掲載誌も読まなくなってしま…

[続きを読む]

支持者:0人

永野ワールドが好きなら観て当然!

投稿者:まこと

(投稿日:2012/11/15)

FSS好きじゃない人は、まず観ないでしょうから、その前提での…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

美しすぎる巨大ロボット!永野護が作り出した世界の魅力とは
美しすぎる巨大ロボット!永野護が作り出した世界の魅力とは(2012年10月31日)

とある星を舞台に、国家間の戦いに巻き込まれていく人々の姿と、“ゴティックメード”と呼ばれる巨大ロボットによる戦いを描くSFアニメ『花の詩女 ゴティックメード』(11月1日公開)。今やロボットアニメなど、さほど珍しくはないものの、本作が幅広い…

フォトギャラリー

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
iPhoneアプリ「ムービーウォーカー」
メールマガジン:週刊MovieWalker

映画上映スケジュールが無料で探せるiPhoneアプリ
»詳しくはこちら

Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > 作品を探す > 花の詩女 ゴティックメード

ムービーウォーカー 上へ戻る