Movie Walker Top > 作品を探す > チェルノブイリ・ハート

チェルノブイリ・ハートの画像

1986年4月26日に起きた旧ソビエト連邦のチェルノブイリ原子力発電所4号炉の爆発事故。それから16年、アメリカ人の女性ドキュメンタリー作家がベラルーシ共和国を訪れ、いまもなお被爆被害に苦しむ人々の姿をつづったドキュメンタリー。第76回アカデミー賞でドキュメンタリー短編賞を受賞。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 14
レビュー 3
投票 11
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 33% (3)
星4つ 100% (9)
星3つ 11% (1)
星2つ 11% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

チェルノブイリ・ハートとは、“穴のあいた心臓”、“生まれつき重度の疾患を持つ子供”の意味である。ベラルーシでは現在でも、新生児の85%が何らかの障害を持っている。1986年4月26日、旧ソビエト連邦(現ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉が爆発事故を起こし、放射性降下物はウクライナ、ベラルーシ、ロシアを汚染した。2002年、ベラルーシ共和国。原発から半径30キロ以内の居住は禁止されている。さらに北東350キロ以内に、局所的な高濃度汚染地域“ホット・ゾーン”が約100ヶ所も点在している。ホット・ゾーンでの農業や畜産業は、全面的に禁止されている。そんななか、ホット・ゾーンの村に住み続ける住民、放射線治療の現場、小児病棟、乳児院の実態に迫る。さらに4年後、事故から20年が経った2006年、事故があってから初めて故郷を訪れた1人の青年は、廃墟となったアパートへ向かう。爆心から3キロの強制退去地域は、1986年で時間が止まっていた。青年は1986年のカレンダーを見つめて、近親者の10人がガンで死んだこと、自分もそうやって死ぬ確信があることを語る。その1年後、青年は27歳の生涯を閉じた。

見たい映画に
登録した人
58

作品データ

原題 CHERNOBYL HEART
製作年 2003年
製作国 アメリカ
配給 ゴー・シネマ
上映時間 61
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク delicious livedoorクリップ
Clip to Evernote
twitterでつぶやく

レビュー

今日本に必要な情報

投稿者:くじらさん

(投稿日:2011/09/13)

情報の確度等ツメが甘いところもあるが、放射能の恐ろしさを直感…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

チェルノブイリ原発事故のその後を描いたオスカー受賞のドキュメンタリーが緊急公開
チェルノブイリ原発事故のその後を描いたオスカー受賞のドキュメンタリーが緊急公開(2011年8月7日)

1986年4月26日に発生し、放射性降下物の汚染によって旧ソ連の諸地域が汚染されたチェルノブイリ原発事故。それから16年後の周辺地域や病院を取材し、現地住民や子…

フォトギャラリー

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
iPhoneアプリ「ムービーウォーカー」
メールマガジン:週刊MovieWalker

映画上映スケジュールが無料で探せるiPhoneアプリ
»詳しくはこちら

Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > 作品を探す > チェルノブイリ・ハート

ムービーウォーカー 上へ戻る