映画-Movie Walker > 作品を探す > 情婦(1957)

情婦(1957)の画像

英国の女流推理小説作家アガサ・クリスティが1932年に短篇小説形式で発表、その後ブロード・ウェイ、ロンドンでロングランされた舞台劇の映画化で、意表を突く結末をもったミステリー・ドラマ。「昼下がりの情事」のビリー・ワイルダーと「ハッピー・ロード」の共同脚本者の1人ハリー・カーニッツが脚本を担当。ラリー・マーカスが脚色してワイルダーが監督した。撮影監督は「炎の人ゴッホ」のラッセル・ハーラン、音楽はマティ・マルネック。主演は、「二十七人の漂流者」のタイロン・パワー、「モンテカルロ物語」のマレーネ・ディートリッヒ、「ホブスンの婿選び」のチャーズ・ロートン。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 39
レビュー 12
投票 27
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (25)
星4つ 48% (12)
星3つ 8% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

病癒えたロンドン法曹界の長老ウィルフリッド卿(チャールズ・ロートン)は、看護婦に付き添われて事務所に帰る。が、酒、煙草、そして得意の刑事事件もダメだといわれ、大いにクサっていた。そこへ弁護士仲間が依頼人を伴って現われ、弁護士の煙草ほしさに部屋に招じ入れ、話を聞くうちに卿は俄然興味がわいてきた。ヴォール(タイロン・パワー)という依頼人は、知り合いの富裕な未亡人が殺されたことから、嫌疑が自分にかかっていること。自分の潔白は妻クリスチーネ(マレーネ・ディートリッヒ)が保証する、と述べて卿に弁護を頼む。だが円満な夫婦の間の証言など、法廷で取り上げられるわけがない。他にヴォールの無実を証す証人がないとすれば、殺す動機のない点を主張しなければならない。その点ヴォールは、自分の発明品に少し投資してもらいたいと思っていた、と述べる。ところがこの時、新聞で未亡人の全財産がヴォールに遺されていたことが判り、ヴォールの立場は不利になる。やがて事務所にスコットランド・ヤードの車が停まり、ヴォールは逮捕される。その後ヴォールの妻クリスチーネが来訪。ヴォールのアリバイを証言するが、その言葉はなぜか曖昧であった。この2人は、ヴォールが戦時中ドイツに進駐していた頃、彼女を助けことから結ばれた仲である。ウィルフリッド卿は看護婦や周囲の心配をよそに、弁護に立つことになった。公判の日、中央刑事裁判所の傍聴席は、満員だった。検事の証人喚問、ウィルフリッドの反対訊問など、事態は黒白いずれとも定めかねる展開になる。その時検事側証人として、クリスチーネが出廷。自分には前夫があり、ヴォールとの結婚は正式のものではないと証言、しかも未亡人殺しを告白したという、驚くべき証言をする。ここにおいてヴォールの有罪は確定したかに見えた。その夜、ウィルフリッド卿は見知らぬ夜の女に呼び出され、クリスチーネが夫を陥れようとした証拠の手紙を買わされる。次の公判の日、ウィルフリッドはこの手紙を重大な証拠として出廷、クリスチーネの仮面を剥ぐ。一転、ヴォールは無罪になった。だが、何か納得のいかないウィルフリッドの前に、クリスチーネが現われた。……事件は落着したのではなかったのか? ウィルフリッド卿の予感は、不幸にも的中したようである。何故なら、クリスチーネは彼に意外な事実を語ったのだ。意外な事実? だが、それに引き続いて、彼女にとっても、意外な事実が明らかになったのだ。……ここで、この事件の種明しをすることは、差し控えることにする。その方がこれから御覧になる人には、かえって親切な紹介の仕方だと思うし、結末を洩らさないでくださいという製作者の要望に、添うことであるからだ。

見たい映画に
登録した人
19

作品データ

原題 Witness for the Prosecution
製作年 1957年
製作国 アメリカ
配給 松竹=ユナイト
上映時間 116
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

素敵!の一言!!

投稿者:miya kitamura

(投稿日:2014/07/22)

この、どんでん返しには感服! 登場人物がみんな素敵です…

[続きを読む]

支持者:0人

検察側の証人

投稿者:パライバ

(投稿日:2012/12/08)

初めて見たのは淀川長治さん解説の時だろうか? 本日久しぶり…

[続きを読む]

支持者:0人

『午前十時の映画祭』(207作品)

八月の鯨(ニュープリント版)
八月の鯨(ニュープリント版) (2013年2月16日公開)

小さな島のサマー・ハウスで夏を送る老姉妹の日常生活を描く人間ドラマ

幕末太陽傳(デジタル修復版)
幕末太陽傳(デジタル修復版) (2011年12月23日公開)

川島雄三監督×フランキー堺主演、1957年に公開された同名作のデジタル修復版

ブラック・サンデー
ブラック・サンデー (2011年2月5日公開)

トマス・ハリスの同名小説の映画化、国際テロ組織とイスラエル特殊部隊の攻防を描く

  • ひまわり(1970) (2005年2月26日公開)

    ソフィア・ローレン×マルチェロ・マストロヤンニ主演のラブ・ストーリー

  • 夜叉 (1985年8月31日公開)

  • 卒業 (1968年6月8日公開)

  • 山猫 (1964年1月18日公開)

  • (1963年7月5日公開)

  • 裏窓 (1955年1月29日公開)

  • 浮雲 (1955年1月15日公開)

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 情婦(1957)

ムービーウォーカー 上へ戻る