映画-Movie Walker > 作品を探す > 築城せよ!

築城せよ!の画像

400年前に無念の死を遂げた戦国武将の霊が現代に現れ、段ボールを使った城を築こうとする異色ドラマ。歌舞伎俳優の片岡愛之助が、築城に打ち込む戦国武将役を熱演する。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 16
レビュー 5
投票 11
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 66% (4)
星4つ 83% (5)
星3つ 100% (6)
星2つ 16% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2009年、過疎化がすすむ町・猿投(=さなげ)に突如として3人の戦国武将が現れる。彼らの正体は、400年前に自分の城を完成できずに無念の死を遂げた侍の霊だった。無念を晴らそうとする殿様(片岡愛之助)は“築城せよ!”の号令のもと、町民たちを動員しようとする。一方、住民たちの側も町おこしを期待して殿様に協力することに。こうして、壮大かつ無謀なプロジェクトが立ち上がることとなった。しかし、素材は段ボールの上、残された時間はあと3日。殿様の意味不明の号令と傍若無人な振る舞いに、住民たちの間に流れる不協和音。だが、ひたむきに築城に打ち込む殿様の姿に、大学生のナツキ(海老瀬はな)を中心にして、いつしか住民たちの心も一つにまとまっていく。その陰で、計画の妨害を企んでいたのが、築城現場に工場を建てようとしていた町長(江守徹)。段ボール城を撤去しようと、町長一派は秘策を練る。完成まであと一歩と迫った夜、宴会で盛り上がる段ボール城を、町長の指示を受けた一団が静かに包囲する。果たして、城は無事完成するのか。それとも、ひとたまりもなく壊れてしまうのか……?

見たい映画に
登録した人
6

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 東京テアトル
上映時間 120
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 古波津陽
脚本 古波津陽浜頭仁史
撮影 辻健司
美術 磯見俊裕

レビュー

監督も犬山城が大好きなんだそうです。

投稿者:ほし★ママ。

(投稿日:2012/01/07)

物欲や物事へのこだわりが薄い夫も 社宅からの脱却は、若い時…

[続きを読む]

支持者:0人

アッパレ!!!

投稿者:Q太郎

(投稿日:2009/09/04)

手作り感満載の半分自主製作映画のようなノリでござる。 …

[続きを読む]

支持者:1人

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 築城せよ!

ムービーウォーカー 上へ戻る