映画-Movie Walker > 作品を探す > ファニーゲームU.S.A.

ファニーゲームU.S.A.の画像

「隠された記憶」などの鬼才ミヒャエル・ハネケが、1997年に発表した衝撃作をセルフ・リメイク。人気女優ナオミ・ワッツを主演に迎え、極限の戦慄と不安を観客に味わわせる。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 41
レビュー 12
投票 29
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 53% (7)
星4つ 92% (12)
星3つ 100% (13)
星2つ 38% (5)
星1つ 30% (4)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アン(ナオミ・ワッツ)とジョージ(ティム・ロス)の夫婦は、息子を連れて、バカンスを過ごすために湖の別荘を訪れる。到着早々、隣の住人と一緒にいる白いポロシャツ、白い手袋という出で立ちの二人組みの青年と出会う。アンが夕食の支度を進めていると青年の一人、ピーター(ブラディ・コーベット)が、卵を分けて欲しいと訪ねてくる。丁重なその態度にアンは快く卵を渡すが、彼はそれを床に落としてしまう。割れてしまった卵を掃除するアンに、ピーターは再度卵を要求。渋々渡して追い返すと、玄関先で犬が吠え出す。アンが様子を伺うと、そこにはピーターの他にもう一人の青年ポール(マイケル・ピット)が立っていた。犬に吠えられて卵を落としてしまったのでもう一度もらえないかと要求するピーター。アンは怒り出し口論となるが、そこへジョージが帰宅。口論が激しさを増す中、ジョージがポールを平手打ち。ピーターはゴルフクラブを手に取ってジョージの膝を打ち砕く。これを合図に残忍な本性を現した二人は、一家を居間に押しやり、薄笑いを浮かべると“今から12時間後にお前たち3人が生きているか死んでいるか、賭けをしよう。”とゲームの開始を宣言。初めは悪い冗談と思っていたものの、二人の行動は次第にエスカレートし、一家をジリジリと追い詰めてゆく。脱出を試みるアンとジョージだったが、青年たちは常に一歩先を読み、彼らの行く手をふさぐ。やがて、二人が一緒にいた隣家の住人を惨殺していたことも明らかになる。刻々と迫るタイムリミットの中、一家の生き残る道は残されているのか……。

見たい映画に
登録した人
12

作品データ

原題 Funny Games Us
製作年 2007年
製作国 アメリカ イギリス フランス オーストリア ドイツ
配給 東京テアトル
上映時間 111
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

レビュー

サディスティックな恐怖

投稿者:george

(投稿日:2010/11/12)

残酷な映画です。 でもこの映画に出てくるキャラクターの…

[続きを読む]

支持者:0人

実は観客参加型

投稿者:マキマケマイザー

(投稿日:2009/02/21)

リメイクであるという前知識も何も無く鑑賞しました。 ま…

[続きを読む]

支持者:1人

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ファニーゲームU.S.A.

ムービーウォーカー 上へ戻る