映画-Movie Walker > 作品を探す > P.S.アイラヴユー

P.S.アイラヴユーの画像

若手作家セシリア・アハーンが21歳の時に発表した純愛小説を、人気スター共演で映画化。亡き夫からの手紙に励まされ、生きる希望を取り戻していく女性の姿を描く感動ドラマだ。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 276
レビュー 70
投票 206
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 84% (85)
星4つ 100% (101)
星3つ 66% (67)
星2つ 14% (15)
星1つ 7% (8)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ニューヨークに住むホリー(ヒラリー・スワンク)とジェリー(ジェラルド・バトラー)は、時に喧嘩をしつつも幸せな日々を送る夫婦だった。だが、二人を突然の悲劇が襲う。ジェリーが脳腫瘍に冒され、亡くなってしまったのだ。陽気で情熱的、歌好きなアイリッシュの夫を失ったホリーは失意のどん底に突き落とされ、家に引きこもってしまう。ホリーの30歳の誕生日。心配して訪れた母親パトリシア(キャシー・ベイツ)が目にしたのは、荒んだ生活を送るホリーの姿だった。そこへ突然、贈り物が届けられる。その箱に入っていたのは、ジェリーが残したメッセージ入りのテープレコーダーとバースデーケーキだった。思わぬ贈り物に喜びと驚きを隠せないホリー。彼女は、“友達と誕生日を祝ってくるように”というジェリーからのメッセージに従って夜の街へ繰り出すのだった。翌日、二日酔いのホリーのもとへジェリーからの手紙が届く。それは、前夜のメッセージにあった“これからいろんな方法で僕から手紙が届く”という約束どおりだった。以後、様々な方法でジェリーから消印のない手紙が次々と届く。その手紙の最後は、必ず“P.S.アイラヴユー”という言葉で締められていた。元気を取り戻したホリーは手紙に従って、二人が初めて出会ったジェリーの故郷アイルランドを訪れる。親友とともに釣りを楽しみ、バーを訪れるホリー。だが、そこで知り合ったウィリアム(ジェフリー・ディーン・モーガン)が“ゴールウェイ・ガール”を歌い出したとたん、店を飛び出してしまう。それは、ジェリーと出会ったときの思い出の曲だったのだ。現実に引き戻され、突然の孤独感に襲われたホリーは、どうしようもない寂しさをパトリシアにぶつける。そして、ついに届いた最後の手紙。だが、そこからが彼女の本当の人生の幕開けだった……。

見たい映画に
登録した人
45

作品データ

原題 P.S.I Love You
製作年 2007年
製作国 アメリカ
配給 ムービーアイ=東宝東和
上映時間 126
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

見守るということ

投稿者:きっちゃん

(投稿日:2008/11/07)

愛する人を残して死ぬことと、愛する人に残されること。どちらが…

[続きを読む]

支持者:13人

1人で生きていくこと

投稿者:メリ

(投稿日:2013/10/15)

長い間付き合っていた彼氏と別れた直後に観て、大泣きしました。…

[続きを読む]

支持者:0人

母の娘への愛にウルウル~

投稿者:ほし★ママ。

(投稿日:2012/01/06)

P.S. 追伸~と言う技法(?)を知ったのは 十代の前半で…

[続きを読む]

支持者:0人

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > P.S.アイラヴユー

ムービーウォーカー 上へ戻る