映画-Movie Walker > 作品を探す > テラビシアにかける橋

テラビシアにかける橋の画像

児童文学の名作を「ナルニア国物語」の製作陣が映画化。貧しい少年と転校生の少女が空想する王国をVFXを駆使して幻想的に映し、彼らの友情と悲しい運命を描く感動ドラマだ。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 232
レビュー 52
投票 180
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (132)
星4つ 46% (62)
星3つ 25% (33)
星2つ 3% (4)
星1つ 0% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

田舎町の貧しい家庭で育つ小学5年生の少年、ジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)。世界のどこにも自分の居場所を見出せないジェスだったが、唯一の慰めは、奇妙な生き物を空想し、それをスケッチブックに描くことだった。ある日、校内の短距離レースでトップを走っていたジェスは、思わぬライバルの出現に大敗を喫してしまう。それは裕福な芸術家夫妻の娘で、転校生のレスリー(アナソフィア・ロブ)だった。第一印象こそ悪かったが、田舎町には珍しい個性的なファッションに身を包み、偏見を持たないレスリーに、ジェスは次第に心惹かれていく。やがて共に遊ぶようになった二人は、森の中にトゥリー・ハウスを発見する。レスリーの導きによって、二人はそこに美しい空想上の王国「テラビシア」を創り上げていく。不思議な生き物と城、美しい自然に囲まれた秘密の王国で、王と女王として君臨するようになる二人。「テラビシア」での冒険を通して、ジェスとレスリーは友情を育んでいく。そしてこの冒険は、灰色だったジェスの人生を虹色に彩り、彼を生き生きとした少年に変えていく。密かに憧れていた音楽教師のエドマンズ先生も、ジェスの芸術的才能に気づいて目をかけるようになっていた。しかし、そんなある日、突然の悲劇がジェスとレスリーを襲う……。

見たい映画に
登録した人
23

作品データ

原題 Bridge to Terabithia
製作年 2007年
製作国 アメリカ
配給 東北新社
上映時間 95
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

ジェス・アーロンズ ジョシュ・ハッチャーソン
レスリー・バーク アナソフィア・ロブ
エドマンズ先生 ズーイー・デシャネル
ジャック・アーロンズ ロバート・パトリック
メイベル・アーロンズ ベイリー・マディソン
メリー・アーロンズ ケイト・バトラー
ブレンダ・アーロンズ デヴォン・ウッド
エリー・アーロンズ エマ・フェントン
ジョイス・アーロンズ グレイス・ブラニガン
ビル・バーク レイサム・ゲインズ
ジュディ・バーク ジュディ・マッキントッシュ
レスリーの祖母 パトリシア・アルダースリー
ジャニス・エイブリー ローレン・クリントン
カーラ イザベル・ローズ・キルシャー
スコット・ホーガー キャメロン・ウェイクフィールド
ゲリー・フルチャー エリオット・ローレス
マディソン カーリー・オーウェン
マイヤーズ先生 ジェン・ウルフ
ターナー校長 ジェームズ・ゲイリン
ケニー(バスの運転手) イアン・ハーコート
1年生男子 ブランドン・クック
8年生男子 タイラー・アットフィールド
1年生男子 メイシー・マクレオド=リエラ
ウィラード・ヒューズ ハドソン・ミルズ
ダーク・マスター マット・ギボンズ
ベイリー(用務員) フィリップ・グリーヴ

レビュー

自由の翼。

投稿者:あちん

(投稿日:2008/02/03)

悲しい事や、辛い事。 耐えがたい痛みに、避けられない現実。…

[続きを読む]

支持者:13人

見る前は泣けるとは思わなかった

投稿者:レオパルドン

(投稿日:2013/03/16)

最初は、よくあるいじめられっこのちょとしち復讐劇かと思いきや…

[続きを読む]

支持者:0人

多彩な色が詰め込まれた心の記憶

投稿者:Catwings

(投稿日:2012/03/31)

ジェスは両親と4人の女兄弟の中で生活する少年。学校ではいじめ…

[続きを読む]

支持者:0人

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > テラビシアにかける橋

ムービーウォーカー 上へ戻る