映画-Movie Walker > 作品を探す > 陸(おか)に上った軍艦

陸(おか)に上った軍艦の画像

95歳の映画監督・新藤兼人の戦争体験をもとにした実録ドラマ。新藤が当時の様子を語るドキュメント部分を交え、軍隊の不条理をおかしくもせつなく描く。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 11
レビュー 0
投票 11
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (8)
星4つ 25% (2)
星3つ 12% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

軍隊生活を再現シーンで追うドラマ部と、新藤兼人本人が戦争を語るドキュメント部が交互に登場するつくりとなっている。昭和19年、1944年春。第二次世界大戦の戦況が連合国に有利に運ぶ中、シナリオライターであった新藤兼人(蟹江一平)に召集令状が届く。広島県の呉海兵団に二等水兵として入隊した新藤は、同年6月に宝塚海軍航空隊に配属される。同じように招集されたのは、農家、洋服屋、八百屋、理容師など仕事と家庭を持ち、一家の大黒柱として家を支える30代の男たちばかりであった。毎日のように同僚が次々と戦場に送られていく。30歳を超えた招集同期の100人で、生き残ったのは新藤を含むたった6人しかいなかった。新藤が配属された宝塚海軍航空隊では、もはや訓練をするような船は残っておらず、宝塚大劇場を接収した施設を軍艦に見立てての訓練が開始される。予科練の少年隊員たちのため、掃除や洗濯をするのが新藤の主な任務だったが、それも一筋縄ではいかない。軍艦の甲板掃除という想定で、宝塚歌劇の講堂をはるか年下の下士官にしごかれながら拭き続ける。加えて「クズを兵隊にするため」という名のもと、志願兵である若い兵長から船上を想定した過酷な訓練を受けることになる。18歳の兵長がビンタを食らわせる、「海軍精神注入棒」で殴る、失神したら水をかけるなど、今までの社会人としての生活は一切関係なく、容赦ない暴力が日常的に続く……それが軍隊の生活であった。翌年8月15日、新藤は上等水兵で終戦を迎えることになる。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 2007年
製作国 日本
配給 パンドラ/シネマディスト
上映時間 95
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 山本保博
製作 平形則安
製作担当 星野友紀
原作 新藤兼人
脚本 新藤兼人
撮影 林雅彦海老根務
衣裳 天野多恵
音楽 沢渡一樹
編集 渡辺行夫増永純一尾崎純子
録音 尾崎聡
スチール 広瀬順子
音響効果 佐々木英世朝倉三紀子
助監督 中島雄一
照明 山下博奥村誠
証言 新藤兼人
海軍所作指導 太宰信明
装飾 高橋光池田亮平
メイク 新井みどり

キャスト

新藤 蟹江一平
森川 滝藤賢一
植村 大地泰仁
森川の妻 ハナ 加藤忍
八重 二木てるみ
語り 大竹しのぶ
山倉 三浦影虎
皆川 鈴木雄一郎
佐久間 友松タケホ
川津 藤田正則
谷川 川上英四郎
町田 大塚祐也
国崎 桜木信介
川本甲板士官 井川哲也
塚本班長 新田亮
吉田副班長 若松力
司会 壇臣幸
士官(斬り込み作戦の将校) 池内万作
若い兵長 ユウキロック
山川 宮沢天
鶴田 浅田圭一
野沢 森内遼
岸田 中田潤
若い二水 植村宏司
スタンド裏の兵 塚本浩平
伝令 西川方啓
白川少尉 岸本啓孝
別班の兵 宮澤寿
別班の兵 日之出清
別班の兵 木戸口義隆
別班の兵 若山慎
別班の兵 佐治和也
別班の兵 太田鷹史
鳴門事件証言者 加藤新平
鳴門事件証言者 青木荘一郎
ウメ 今井和子
山倉の妻 森脇由紀
その娘 八木優希
赤ん坊 伊藤檜
佐久間の妻 柳下季里
川津の妻 黒崎照
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 陸(おか)に上った軍艦

ムービーウォーカー 上へ戻る