Movie Walker Top > 作品を探す > 善き人のためのソナタ

善き人のためのソナタの画像

冷戦時代における東独の闇に迫ったサスペンス・ドラマ。国家のために監視活動を行なう男がたどる波乱に満ちた運命を描き、多くの映画賞に輝いている注目作だ。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 194
レビュー 46
投票 148
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (135)
星4つ 32% (44)
星3つ 7% (10)
星2つ 2% (4)
星1つ 0% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1984年11月の東ベルリン、DDR(東ドイツ国家)は国民の統制と監視のシステムを強化しようとしていた。劇作家ドライマン(セバスチャン・コッホ)の舞台初日。上演後のパーティーで国家保安省(シュタージ)のヘムプフ大臣(トーマス・ティーメ)は、主演女優でドライマンの恋人でもある魅力的なクリスタ(マルティナ・ゲデック)から目が離せなくなる。党に忠実なヴィースラー大尉(ウルリッヒ・ミューエ)はドライマンとクリスタの監視および反体制的であることの証拠をつかむよう命じられる。早速ヴィースラーは彼らのアパートに向かい、屋根裏に監視室を作り盗聴を始め、詳細に記した日々の報告書を書き続けた。既にクリスタと関係を持っていたヘムプフ大臣は「君のためだ」と脅し関係を続けるよう迫っていた。その一方で、ヴィースラーは毎日の監視を終えて自分の生活に戻る度に混乱していく自分を感じていた。そんな中、ドライマンは、DDRが公表しない、東ドイツの高い自殺率のことを西ドイツのメディアに報道させようと雑誌の記者に連絡を取った。監視されていないと確信したドライマンは雑誌の記者を家に呼ぶ。匿名の記事が雑誌に載ると、緊張が走った。DORはドライマンのアパートを家宅捜査するが、何も見つけることはできなかった。クリスタに約束を破られた大臣は、薬物の不正購入を理由に彼女を逮捕させ、刑務所へ連行する。そこではヴィースラーが担当官として尋問にあたることになった。複雑な再会に戸惑いながらも、記事はドライマンによるものであると認めなければ二度と舞台に立つことはできないだろう、と脅す。クリスタは尋問に屈し、証拠となるタイプライターの隠し場所を教えてしまう。そして捜査官は、今度は確信を持ってドライマンのアパートに踏み込み、ドアの敷居を持ち上げさせるが……。

見たい映画に
登録した人
36

作品データ

原題 Das Leben Der Anderen
製作年 2006年
製作国 ドイツ
配給 アルバトロス
上映時間 138
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク delicious livedoorクリップ
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

ヴィスラ大尉 ウルリッヒ・ミューエ
クリスタ=マリア・ジラント マルティナ・ゲデック
ゲオルク・ドライマン ゼバスチャン・コッホ
グルヴィッツ部長 ウルトリッヒ・トゥクール
ヘムプフ大臣 トーマス・ティーメ
パウル・ハウザ ハンス=ウーヴェ・バウアー
アルベルト・イェルスカ フォルクマー・クライネルト
カル・ヴァルナ マティアス・ブレンナー

レビュー

忠誠心+裏切り<プライド

投稿者:バロン

(投稿日:2008/06/14)

DVD鑑賞。 個人のプライバシーが全く保証されない時代の…

[続きを読む]

支持者:11人

人生に希望を持たせてくれる映画

投稿者:pocorino

(投稿日:2014/02/10)

 単なる東側の体制批判の映画でもなく、恋愛映画でもなく、一言…

[続きを読む]

支持者:0人

心の中の小さな松明が

投稿者:銀さん

(投稿日:2010/09/18)

自由に物が言えるというありがたみは、今の日本人には分からない…

[続きを読む]

支持者:0人

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
iPhoneアプリ「ムービーウォーカー」
メールマガジン:週刊MovieWalker

映画上映スケジュールが無料で探せるiPhoneアプリ
»詳しくはこちら

Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > 作品を探す > 善き人のためのソナタ

ムービーウォーカー 上へ戻る