映画-Movie Walker > 作品を探す > オリバー・ツイスト

オリバー・ツイストの画像

「戦場のピアニスト」の巨匠ロマン・ポランスキー監督の最新作。チャールズ・ディケンズの名作小説を基に、10歳の哀れな孤児の希望探しの物語を格調高い映像で紡ぎ出す。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 244
レビュー 6
投票 238
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 55% (49)
星4つ 100% (89)
星3つ 77% (69)
星2つ 30% (27)
星1つ 11% (10)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

19世紀の英国。孤児として育った9歳のオリヴァー・ツイスト(バーニー・クラーク)は、救貧院を追放され、奉公先の葬儀屋サワベリー氏(マイケル・ヒース)の家でも理不尽ないじめに遭い、そこを逃げ出してしまう。10歳になったオリヴァーは一週間歩き通してロンドンを目指すが、やっと郊外にたどり着いた時、飢えと疲れで一歩も動けなくなっていた。そんな彼を助けてくれたのは、愉快な悪党フェイギン老人(ベン・キングズレー)のもとで働いているスリの少年ドジャー(ハリー・イーデン)。フェイギンに迎えられたオリヴァーは、スリの仕事をそうとは知らずに手伝わされる。そして本屋に泥棒だとして捕まり、法廷に突き出されてしまった。だがオリヴァーの容疑は晴れ、親切な紳士ブラウンロー氏(エドワード・ハードウィック)が彼を自宅に連れ帰り、家政婦のベドウィン夫人(フランシス・キューカ)に手厚く看病させる。その頃、フェイギンと悪党仲間のビル・サイクス(ジェイミー・フォアマン)は、オリヴァーの密告を恐れ、ビルの情婦ナンシー(リアン・ロウ)に行方を探らせていた。そんなある日、ブラウンロー氏はオリヴァーに使いを頼むが、待ち伏せしていたビルとナンシーに捕まり、オリヴァーはフェイギンのもとに連れ戻されてしまう。やがてビルがオリヴァーを殺すつもりだと知ったナンシーは、こっそりブラウンロー氏に告げ口する。だがそれをドジャーが立ち聞きしており、ビルに伝えた。逆上したビルは、ナンシーを殺害。まもなく殺人犯として手配されたビルは、オリヴァーを人質に取って逃げようとするが、高所から滑り落ちて首を吊って死んでしまう。そしてオリヴァーはブラウンロー氏のもとに戻り、刑務所に収容されたフェイギンに面会に行くのだった。

見たい映画に
登録した人
26

作品データ

原題 Oliver Twist
製作年 2005年
製作国 フランス イギリス チェコ
配給 東芝エンタテインメント=東宝東和
上映時間 130
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

フェイギン ベン・キングズレー
オリバー バーニー・クラーク
ビル・サイクス ジャミー・フォアマン
アートフル・ドジャー ハリー・イーデン
ナンシー リアン・ロウ
チャーリー・ベイツ ルイス・チェイス
ブラウンロー氏 エドワード・ハードウィック
バンブル氏 ジェレミー・スウィフト
トビー・クラキット マーク・ストロング
バーニー ジェイク・カラン
ベット オフィリア・ロヴィボンド
ベドウィン夫人 フランセス・クーカ
ノア・クレイポール クリス・オーヴァートン
サワベリー氏 マイケル・ヒース
サワベリー夫人 ジリアン・ハンナ
シャーロット テレサ・チャーチャー
ファン氏 アルン・アームストロング
本屋 パトリック・ゴッドフリー
グリムウィッグ氏 ポール・ブルック
古いコテージの女性 リズ・スミス
救貧院院長 アンディ・ド・ラ・トゥール

レビュー

人は無垢にうまれ、世間がそれを堕落させる

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/05/24)

 産業革命のために貧富の格差社会が生まれてしまった19世紀の…

[続きを読む]

支持者:4人

逃げて

投稿者:☆★もも★☆

(投稿日:2007/08/10)

何度も、早く逃げて! っと思いました。 とても引き込…

[続きを読む]

支持者:1人

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > オリバー・ツイスト

ムービーウォーカー 上へ戻る