映画-Movie Walker > 作品を探す > スクール・オブ・ロック

スクール・オブ・ロックの画像

「愛しのローズマリー」などの個性派、ジャック・ブラック主演のコメディ。売れないロッカーが、名門小学校の先生になりすまし、新風を巻き起こす姿を絶妙のテンポで描く。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 631
レビュー 15
投票 616
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (516)
星4つ 13% (71)
星3つ 5% (26)
星2つ 1% (7)
星1つ 2% (11)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

デューイ(ジャック・ブラック)は、ロック・バンドのメンバーとしてワイルドに生きている男。だが、代用教員の親友ネッド(マイク・ホワイト)のアパートに居候している彼は、多額の家賃滞納によりネッドの恋人パティ(サラ・シルヴァーマン)を激怒させ、アパートから追い出すと宣告される。バンド・バトルで優勝すれば賞金で家賃を払えると考えるが、破天荒な態度が問題となりバンドをクビになってしまった。途方に暮れた彼は、名門小学校からネッドにかかってきた仕事の依頼の電話を受け取る。デューイはネッドになりすまして、この学校の代用教員になることにする。まんまと厳しい女校長のマリンズ(ジョーン・キューザック)を騙し、小学校5年生の担任に。そして音楽室から流れてくる生徒たちのクラシック演奏を聴き、生徒たちにロックをやらせて一緒にバンド・バトルへ出場するという計画を思いつく。リード・ギターに内気な少年ザック(ジョーイ・ゲイドス・ジュニア)、ドラムスにフレディ(ケヴィン・クラーク)、キーボードに寡黙なローレンス(ロバート・ツァイ)、ベースにケイティ(レベッカ・ブラウン)、コーラスにソウルフルな歌声を持つトミカ(マリアム・ハッサン)を抜擢し、クラスの仕切り屋の女子生徒サマー(ミランダ・コスグローヴ)をマネージャーにするなど、生徒全員に役割を与えた。生徒たちは、ロックの世界を通じて自由と個性を知っていく。マリンズ校長をバーに誘ったデューイは、彼女がスティーヴィー・ニックスのファンであることを利用して、生徒の校外引率の許可をもらう。いよいよ大会が近づくが、パティの通報によってデューイは学校を追放に。だが生徒たちは彼を迎えに行き、バンド・バトルへ出場。優勝は逃したものの素晴らしい演奏に観客は魅了され、デューイたちはアンコールに応えるのだった。

見たい映画に
登録した人
41

作品データ

原題 The School of Rock
製作年 2003年
製作国 アメリカ
配給 UIP
上映時間 110
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

最高に面白い映画、スカッと笑い飛ばしましょう!

投稿者:ゆきちゃん

(投稿日:2009/04/14)

何回観ても面白い、ロックを知らない人も子供から大人まで、文句…

[続きを読む]

支持者:6人

Rockだからこそに意味がある、Rockじゃなきゃ描けなかった1本

投稿者:S

(投稿日:2016/03/11)

正直言ってRockは良い印象なかった でも、この作品は…

[続きを読む]

支持者:0人

音楽っていいよね!

投稿者:さとう

(投稿日:2012/11/27)

音楽っていいよね!ってなる。 ステージ中に仲間とアイコ…

[続きを読む]

支持者:0人

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > スクール・オブ・ロック

ムービーウォーカー 上へ戻る