Movie Walker Top > 作品を探す > グッバイ、レーニン!

グッバイ、レーニン!の画像

本国ドイツで数々の映画賞を受賞した、大ヒット作。'89年に起きた東西ドイツ統一。その歴史的な大事件を背景に、愛する母親の命を守ろうとする青年の涙ぐましい奮闘を描く。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 212
レビュー 9
投票 203
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (107)
星4つ 68% (73)
星3つ 20% (22)
星2つ 5% (6)
星1つ 3% (4)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1989年、ベルリンの壁崩壊直前の東ベルリン。アレックス(ダニエル・ブリュール)は東ドイツ建国40周年を祝う式典の夜、改革を求めるデモ行進に参加。その姿を目撃した愛国主義者の母クリスティアーネ(カトリーン・ザース)はショックで心臓発作を起こし、昏睡状態に陥ってしまう。彼女が奇跡的に意識を取り戻したのは8カ月後。またショックを与えると命取りになると医者から忠告されたアレックスは、母を自宅に引き取って、東ドイツの体制がずっと続いているふりを装う。ビルにコカ・コーラの垂れ幕がかけられ、国営の食料品店が大手スーパーに姿を変えていく中、東ドイツ製のピクルスを探し求めて街を奔走するアレックス。テレビが観たいという母の要望には、映画オタクの友人デニス(フロリアン・ルーカス)と偽のニュース番組を作って応える。しかしごまかしも限界が見え始め、アレックスは姉のアリアネ(マリア・シモン)や恋人のロシア人看護婦ララ(チュルパン・ハマートヴァ)に、真実を打ち明けるよう諭される。そんな時、一家は郊外にある森の小屋に出かけた。そこで母は、10年前に西側に亡命したアレックスの父(ブルクハルト・クラウスナー)は、家族を捨てたわけではなく、政治的意志で亡命し、西側に母を招き入れようとしたが危険で果たせなかった、ということを初めて告白。アレックスは父に会いに行き、病院で母に面会させる。そして母は、東ドイツが理想の国家になったと信じて死んでゆくのだった。

見たい映画に
登録した人
18

作品データ

原題 Good Bye、Lenin!
製作年 2003年
製作国 ドイツ
配給 ギャガ
上映時間 121
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク delicious livedoorクリップ
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

映画「グッバイ、レーニン!」

投稿者:刹那

(投稿日:2012/03/26)

分裂した国家が再び一つになる際には思想や文化も一つになる訳で…

[続きを読む]

支持者:0人

嘘も方便!?

投稿者:okara

(投稿日:2009/11/07)

東西ドイツのベルリンの壁崩壊直後の様子がドキュメントを見るよ…

[続きを読む]

支持者:2人

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
iPhoneアプリ「ムービーウォーカー」
メールマガジン:週刊MovieWalker

映画上映スケジュールが無料で探せるiPhoneアプリ
»詳しくはこちら

Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > 作品を探す > グッバイ、レーニン!

ムービーウォーカー 上へ戻る