映画-Movie Walker > 作品を探す > ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの画像

J・K・ローリングの人気小説を映画化したファンタジーの第4弾。魔法界を揺るがす邪悪な敵、ヴォルデモートの復活、ハリーをはじめ仲間たちの恋愛模様など、見どころ満載!

4/5
[?]評価方法について
総評価数 728
レビュー 12
投票 716
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (400)
星4つ 45% (180)
星3つ 27% (109)
星2つ 5% (21)
星1つ 4% (18)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

新学期初日、伝説の三大魔法学校対抗試合がホグワーツで再開されることになったと、ダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)が発表。選手は、立候補した生徒の中から、炎のゴブレットが各校の代表選手1名ずつを選び出す。ボーバトン校からは美少女フラー(クレマンス・ポエジー)。ダームストラング校からはスター的人気を誇るクラム(スタニスラフ・アイエネフスキー)。ホグワーツからは誰もが認める人気者のセドリック(ロバート・パティンソン)。ところが続いて、参加資格がないはずのハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)も選手に選ばれてしまった。4人となった選手たちは、ドラゴンの卵をめぐる争奪戦、タイムリミットが設けられた水中戦、生きている巨大迷路を突破する最難関の頭脳戦という3つの課題に挑むことに。特別に選手となったハリーは皆から卑怯者扱いされ、親友ロン(ルパート・グリント)との仲もこじれる。だが試合で大活躍して皆の支持を一気に回復し、セドリックと同点一位の成績で最後の試合に臨むことに。ところがその巨大迷路の中で、ハリーはセドリックと共に墓場へ飛ばされる。そこで闇の帝王ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)が甦り、セドリックが殺されてしまった。ハリーがこの大会にエントリーさせられたのは、この墓場に誘い込むためだったのだ。ヴォルデモート卿と対決するハリーだが、なんとか墓場を脱出。そしてすべての下工作は、教師マッド・アイ・ムーディ(ブレンダン・グリーソン)に化けていたヴォルデモート卿の手下、バーティ・クラウチ・ジュニア(デイヴィッド・テナント)が行なったのだと判明。セドリックを失うという大きな損失を抱えつつ、閉幕式が行なわれる。そして学校はまた休みの時期に入り、ハリーとロンとハーマイオニー(エマ・ワトソン)は、新学期での再会を誓うのだった。

見たい映画に
登録した人
105

作品データ

原題 Harry Potter and the Goblet of Fire
製作年 2005年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー
上映時間 157
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

対抗試合が面白い

投稿者:ettam

(投稿日:2013/11/09)

ハリーポッターシリーズの4作目。これまでのシリーズの中では結…

[続きを読む]

支持者:0人

美しすぎる‼

投稿者:Oz

(投稿日:2012/09/12)

炎のゴブレットはハリーポッターで多分1番多く観た作品です。 …

[続きを読む]

支持者:0人

『ハリー・ポッター』(9作品)

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 (2016年11月23日公開)

J.K.ローリングが原作・脚本を手がける『ハリー・ポッター』の新シリーズ第1弾

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 (2011年7月15日公開)

ベスト・セラー「ハリー・ポッター」シリーズの映画化第7弾の後編

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (2010年11月19日公開)

ベスト・セラー「ハリー・ポッター」シリーズの映画化第7弾の前編

ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハリー・ポッターと謎のプリンス (2009年7月15日公開)

ベスト・セラー「ハリー・ポッター」シリーズの映画化第6弾

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ムービーウォーカー 上へ戻る