Movie Walker Top > 作品を探す > ジョンQ 最後の決断

ジョンQ 最後の決断の画像

アカデミー賞俳優デンゼル・ワシントンの最新作となるサスペンス。重病の息子のために立ちあがった父親の大胆な行動を描く。スリリングながら、父性愛の描写は感動的!

4/5
[?]評価方法について
総評価数 38
レビュー 4
投票 34
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (16)
星4つ 56% (9)
星3つ 62% (10)
星2つ 12% (2)
星1つ 6% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある日突然、少年マイク(ダニエル・E・スミス)が心臓病を患い、昏睡状態に陥る。心臓外科医レイモンド・ターナー(ジェームズ・ウッズ)によると心臓移植しか助かる道はないとのことだが、適応されるはずの保険が利かない。父親のジョンQ(デンゼル・ワシントン)の会社が、勝手に保険ランクを下げていたせいであった。仕事をリストラされ、パートタイマーに格下げされていた彼は、国の補助も受けられない。そこでジョンは、拳銃を手に、病院の救急病棟を占拠する。医師、看護婦、患者らを人質に立てこもり、息子の心臓手術を要求。シカゴ市警のベテラン警部補フランク(ロバート・デュヴァル)とのやりとりの中、世間の注目が集まっていく。やがてジョンはターナーに、自分の心臓を使って手術することを申し出る。だがジョンが自殺する直前、女院長レベッカ(アン・ヘッシュ)の心変わりもあり、マイクに適合する事故死した女性の心臓が手に入り、マイクの命は助かる。そして裁判。ジョンは有罪になるものの、皆にヒーローとして崇められるのだった。

見たい映画に
登録した人
13

作品データ

原題 John Q
製作年 2002年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ=ヒューマックス
上映時間 116
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク delicious livedoorクリップ
Clip to Evernote
twitterでつぶやく

レビュー

デンゼルおんぶにだっこ

投稿者:ジーニー

(投稿日:2012/02/27)

良い話だったとは思います。 デンゼルの素晴らしい真に迫った…

[続きを読む]

支持者:0人

やっぱり

投稿者:wsk

(投稿日:2007/04/04)

デンゼル・ワシントンが主役だったからこそ良かったと 思…

[続きを読む]

支持者:1人

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
iPhoneアプリ「ムービーウォーカー」
メールマガジン:週刊MovieWalker

映画上映スケジュールが無料で探せるiPhoneアプリ
»詳しくはこちら

Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > 作品を探す > ジョンQ 最後の決断

ムービーウォーカー 上へ戻る