映画-Movie Walker > 作品を探す > ノー・マンズ・ランド

ノー・マンズ・ランドの画像

アカデミー賞外国語映画賞に輝くなど世界で絶賛された異色戦争映画。ボスニア紛争中にいがみ合う男たちの不条理な運命を、皮肉めいた笑いを交えてスリル満点に描き出す。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 15
レビュー 0
投票 15
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 62% (5)
星4つ 100% (8)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1993年6月、霧の中で道に迷ったボスニア軍兵士のチキ(ブランコ・ジュリッチ)は、ボスニアとセルビアの中間地帯ノー・マンズ・ランドの塹壕にたどり着いた。敵の生存者を確かめるため、セルビア軍兵士のニノ(レネ・ビトラヤツ)と老兵士(ムスタファ・ナダレヴィッチ)がそこにやってくるが、チキは老兵士を殺し、ニノにも怪我を負わせた。そしてやっかいなことに、老兵士が死体だと思って下にジャンプ型地雷を仕掛けてしまったツェラ(フィリプ・ショヴァゴヴィッチ)が生きていた。彼が動くと、地雷が爆発してしまう。止むを得ず、この状況から抜け出すために協力しあうチキとニノ。やがて心を通わせる二人だったが、助けにきたマルシャン軍曹(ジョルジュ・シアティディス)たちと一緒に塹壕を離れようとしたニノの足をチキが銃で撃ち、再び一触即発の状態に戻る。やがてマルシャン軍曹とテレビ記者のジェーン(カトリン・カートリッジ)が協力し、マスコミの力を使って中々動こうとしなかった国連防備軍を動かすことに成功。しかしツェラの下の地雷を撤去することはできなかった。しかもマスコミが騒ぐ中、チキはニノに向かって発砲。同時に防備軍がチキを射殺。そして防備軍は、地雷を撤去したという虚偽の発表をし、マスコミと共に塹壕から立ち去る。塹壕にはツェラ一人が残されるのだった。

見たい映画に
登録した人
19

作品データ

原題 No Man's Land
製作年 2001年
製作国 フランス イタリア ベルギー イギリス スロベニア
配給 ビターズ・エンド
上映時間 98
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ノー・マンズ・ランド

ムービーウォーカー 上へ戻る