映画-Movie Walker > 作品を探す > 蝶の舌

蝶の舌の画像

国民栄誉賞に輝く小説を映画化した、スペイン発の珠玉の人間ドラマ。激動の時代を背景に、恩師と出会い、自然の中で育った幼い少年の思い出をノスタルジックにつづる。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 14
レビュー 4
投票 10
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (5)
星4つ 80% (4)
星3つ 100% (5)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1936年、ガリシア地方の小さな村。喘息持ちのため皆と一緒に一年生になれなかった8歳の少年モンチョ(マヌエル・ロサノ)は、ようやく学校に行く日を迎えるものの、初日に緊張のあまりお漏らしをしてしまう。だが担任のグレゴリオ先生(フェルナンド・フェルナン・ゴメス)と心を通わせることで、学校にも慣れてきた。先生は生徒たちを森へ連れ出し、大自然の世界へ導いていく。ティロノリンコというオーストラリア産の鳥のことや、蝶の舌についての秘密など、先生の話はモンチョをすっかり魅了した。しかしそんな楽しい日々も、スペイン内戦の訪れと共に一変する。広場に集まった群衆の前に、ファシズムに反対する共和派の人々が、両手を縛られて一人ずつ姿を現わす。罵声が飛び交う中、共和派だったグレゴリオ先生も現われた。モンチョは母のローサ(ウシア・ブランコ)に、皆と同じように先生に罵声を浴びせるよう命じられる。よく意味もわからず口を開いたモンチョだが、先生たちを乗せた車が走り出すと同時に、それを必死で追いかけて、こう叫んだ。「ティロノリンコ! 蝶の舌!」。

見たい映画に
登録した人
6

作品データ

原題 La Lengua de las Mariposas
製作年 1999年
製作国 スペイン
配給 アスミック・エース
上映時間 95
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

おすすめ

投稿者:がっくん

(投稿日:2009/11/02)

自分のベスト映画TOP10に入る名作です。 スペイン内乱が…

[続きを読む]

支持者:3人

のどかな話と思いきや。

投稿者:タルーン☆

(投稿日:2009/02/08)

すごい恥ずかしい話ですが、私はタイトルだけ見て勝手に妖女の話…

[続きを読む]

支持者:2人

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 蝶の舌

ムービーウォーカー 上へ戻る