Movie Walker Top > 作品を探す > エブリバディ・ラブズ・サンシャイン

ストリート・ギャングの男たちの愛憎劇をスクイリッシュに描いたシリアスドラマ。監督・脚本・準主演は新鋭アンドリュー・ゴス。製作はジョアン・リエイ。製作総指揮はビョーグ・ヴェランド、ヘザー・プレイフォード=デンマン、サイモン・ジョンソン、ガイ・コリンズ。撮影はジュリアン・モーソン。音楽は監督の実弟であるニッキー・マシューがあたり、ジャミロクワイ、ストーンローゼスなどの楽曲が使用されている。美術はポール・クロス。編集はジェレミー・ギブス。衣裳はフィオン・エリナー。出演は本作が映画デビューとなるゴールディ、「地球に落ちてきた男 完全版」のデイヴィッド・ボウイと英国音楽シーンの新旧のアーティストが顔をそろえるほか、『ハイランダー』(TVシリーズ)のレイチェル・シェレイなど。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

チャイニーズ・マフィアとストリート・ギャングが抗争を続けるペッパービル・エステイト。街の大立者テリー(ゴールディ)と相棒のレイ(アンドリュー・ゴス)のコンビが服役中にチャイニーズ・マフィアは勢力を伸ばしていた。出所後、右腕のバーニー(デイヴィッド・ボウイ)から情勢をきいたテリーはすぐに敵との抗争に身を投じ、テリトリーで絶対的権力を握った。だが、レイはそんな血塗られた生活から抜け出そうと思うようになっていた。ふたりで街を牛耳る夢をみていたテリーはそんなレイを手放すまいとし、その執着心が彼の狂気を暴走させる。チャイニーズ・マフィアは逆襲を図り、ふたりと組織に魔手をのばし、かくしてふたりは死地へと赴くことになるのであった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Everybody Loves Sunshine
製作年 1998年
製作国 イギリス
配給 ケイエスエス
上映時間 102
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク delicious livedoorクリップ
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
iPhoneアプリ「ムービーウォーカー」
メールマガジン:週刊MovieWalker

映画上映スケジュールが無料で探せるiPhoneアプリ
»詳しくはこちら

Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > 作品を探す > エブリバディ・ラブズ・サンシャイン

ムービーウォーカー 上へ戻る