映画-Movie Walker > 作品を探す > 私たちが好きだったこと

偶然の出会いから、2LDKの公団マンションで奇妙な同居生活を始めることになった4人の男女の心の機微を描いた恋愛ドラマ。監督は「トイレの花子さん(1995)」の松岡錠司。俳優の岸谷五朗が、数多くの映画化作品で知られる宮本輝の同名小説の映画化を思い立ち、企画も兼ねて主演している。脚本は「集団左遷」の野沢尚。撮影は「イグナシオ」の石井勲が担当した。主演の4人の男女には「バースデイプレゼント」の岸谷のほか、「GONIN2」の夏川結衣、「バースデイプレゼント」の寺脇康文、「イグナシオ」の鷲尾いさ子

3/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

競争率76倍の公団マンションを当てた照明デザイナーの北尾与志は、大学時代からの友人であるカメラマンの“ロバ”こと佐竹専一と共同生活を始めることにした。新生活を祝うために入ったバーで、ふたりはたまたま同席した女性たちと新居の話で盛り上がる。翌朝、酔っ払って眠っていた与志とロバのもとに、昨夜の女、柴田愛子と荻野曜子が引っ越し荷物を抱えて現れた。彼女たちは住んでいたマンションが火事に遭い、住むところを探していたという。約束した覚えのない与志は、4人の住み分けの間取り図まで用意してさっさと荷物を運び込む曜子に戸惑うが、呑気なロバはウキウキしている様子だった。その晩、愛子のすすり泣く声に目が覚めた与志とロバは、彼女が不安神経症で時々強い発作に襲われるのだと曜子から聞かされる。翌日から、与志が愛子を職場まで送っていくことになり、ふたりは次第に心を通わせていった。そうこうするうち、ロバも曜子の部屋で寝るようになる。医学部に現役でパスしながら家庭の事情で入学できなかったという愛子の話を聞いた与志は、今から勉強し直して大学に行けばいいと彼女に提案した。ロバも曜子もこれに賛成し、愛子は仕事を辞めて予備校に通い始める。3人の仕事も順調で、お互いを思いやることで共同生活はうまくいっていた。やがて春になり、愛子は見事私立の医学部に合格するが、出会って一年が過ぎてから、4人の歯車は次第にかみ合わなくなっていった。愛子は大学で何かと面倒を見てくれる助教授の鈴木からプロポーズされ、心が揺れ動く。曜子はかつての不倫相手と別れられずに彼の子供を宿してしまい、その子を堕ろしたとロバに告げた。写真を撮るためネパールに行っていたロバは、マンションに戻ってきて曜子とヨリを戻すが、愛子と鈴木が一緒にバーにいるところを見てしまった与志は、彼女の本当の気持ちを知って別れることを決意する。ロバと曜子が一緒にマンションを出て行ったあとで、愛子も与志の前から去った。5年後、独立して事務所を開いた与志の祝いの席で4人は再会する。それぞれ幸せをつかんだ4人は、ともに暮らした日々を懐かしく思い起こしていた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1997年
製作国 日本
配給 東映
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 松岡錠司
製作 大里洋吉山本久
プロデューサー 森重晃梅川治男畠中達郎桑野美樹
原作 宮本輝
脚本 野沢尚
企画 岸谷五朗
撮影 石井勲
音楽 梅林茂
音楽プロデューサー 安田俊哉
ビギン
美術 都築雄二
編集 奥原好幸
録音 松本修
スクリプター 川野恵美
スチール 石川登栂子
助監督 七字幸久
照明 大坂章夫
その他 勝俣淳子

キャスト

北尾与志 岸谷五朗
柴田愛子 夏川結衣
佐竹専一 寺脇康文
荻野曜子 鷲尾いさ子
鈴木 田口トモロヲ
曜子の不倫相手 四方堂亘
愛子の母 藤田弓子
愛子の母の愛人 趙方豪
曜子の美容院のオーナー 津川雅彦
ヘアメイク 土屋久美子
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 私たちが好きだったこと

ムービーウォーカー 上へ戻る