Movie Walker Top > 作品を探す > 幻想のParis

パリを舞台に、恋人にだまされ愛を見失った女の復讐を描くサスペンス。脚本はあさだみきが執筆。監督は本作が第一回作品となる俳優の森山周一郎。撮影は森下謹司がそれぞれ担当。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

外国暮らしへの憧れやキャリアアップの語学修得などで若い女性の留学に沸くパリ。しかし、そこには数々のトラブルや意外な落とし穴もある。二三歳のデザイナー志望、倉本麗子はある日、アルバイト先のブティック“バルナウーズ”で店のオーナー会社、光陽商事のパリ支社部長・清坂幸市から誘われ、恋に落ちる。清坂は、この店のマダム・桂木沙代子と愛人関係で、二人の仲を知る麗子は戸惑うが、パリの街の自由な空気は彼女を開放的にさせるのだった。沙代子と別れてほしいと、麗子は清坂に告げてバルナウースを辞めた。しかし、清坂は愛だけでなく野心に生きる男だった。麗子はそんな清坂のために、女を武器に取引先から情報を得るスパイを買って出た。そしてある晩、ライバル会社の介入で壊れかけた商談を成功させるため、清坂は麗子をクライアントに抱かせるのだった。清坂のひきょうなやり口に身も心もボロボロの麗子は無残な姿のまま清坂のもとへ。だが、丁度そのころ、清坂の部屋には沙代子が尋ねてきていて、そこで麗子は清坂への憎悪を感じるのだった。麗子は、かつて清坂から教えられたのと同じ方法で重要書類を盗み出し、清坂の部下・吉田に近づく。そして、麗子は清坂を陥れ、バルナウースを沙代子から奪うのだった。だが、麗子の友人みどりの裏切りによって吉田はみどりへと乗り換える。その現場を押さえた清坂は、再び麗子と組んで吉田に復讐する。麗子は清坂と別れ、バルナウースを沙代子に返すことを決意するが、沙代子もまた清坂から自立していく。数日後、デザイナーとして着実に成長していく麗子は、パリを去り日本へと舞い戻って行くのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1992年
製作国 日本
配給 ヒーロー・コミュニケーションズ
上映時間 107
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク delicious livedoorクリップ
Clip to Evernote
twitterでつぶやく

スタッフ

監督 森山周一郎
脚本 あさだみき
原案 稲葉稔
製作総指揮 新田鐘大
企画 森山周一郎
プロデューサー 玉川長太吉江清
撮影 森下謹司
美術 高谷壽
音楽 大谷幸
主題歌 LiLiCo
録音 辻健太郎
照明 山田和夫
編集 神谷信武
助監督 鶴巻日出雄
スチール 竹下越

キャスト

倉本麗子 大川陽子
桂木沙代子 松尾嘉代
相川みどり 桜樹ルイ
阿部裕樹 森山祐嗣
清坂幸市 中尾彬
吉田邦男 森山周一郎
片平部長 愛川欽也
西森隆明 財津一郎
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
iPhoneアプリ「ムービーウォーカー」
メールマガジン:週刊MovieWalker

映画上映スケジュールが無料で探せるiPhoneアプリ
»詳しくはこちら

Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > 作品を探す > 幻想のParis

ムービーウォーカー 上へ戻る