映画-Movie Walker > 作品を探す > キングコング(1976)

33年に製作された「キング・コング(1933)」の再映画化。南太平洋の孤島に棲息していたキングコングをめぐるスペクタクル映画。製作は「リップスティック」のディノ・デ・ラウレンティス、製作指揮はフェデリコ・デ・ラウレンティスとクリスチャン・フェリー、監督は「タワーリング・インフェルノ」のジョン・ギラーミン、脚本はロレンゾ・センプル・ジュニア、撮影はリチャード・H・クライン、音楽はジョン・バリー、美術はマリオ・チアリとデール・ヘネシー、特殊効果は「大地震(1974)」のグレン・ロビンソンが各々担当。出演はジェシカ・ラング、ジェフ・ブリッジス、チャールズ・グローディン、ジョン・ランドルフ、ルネ・オーベルジョノワなど。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 13
レビュー 2
投票 11
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 33% (2)
星4つ 50% (3)
星3つ 100% (6)
星2つ 33% (2)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

激しい石油ショックの波をあびて、ペトロックス社のウィルソン(チャールズ・グローディン)は、南太平洋に新たな油田を求めて、調査船を進めていた。最終目的地は、いつも濃い霧に覆われていて、その所在すら海図には明らかではないスカル島である。もう1人、このスカル島をめざす男がいた。密航者として乗船していたプリンストン大学の動物学者プレスコット(ジェフ・ブリッジス)である。彼はスカル島には巨大な動物が棲息していると推測し、自分の目で確かめようとしていたのだ。調査船はある日、大海を漂流しているドワン(ジェシカ・ラング)という美女を救出した。彼女は映画出演のために香港に行く途中、嵐にあい、たった1人助かったのだった。やがて船はスカル島に着き、ウイルソン、プレスコット、ドワンたちは上陸した。とある集落にさしかかった時、巨大な城門の前で、島民たちが少女を何かのいけにえにささげる儀式を行なっている最中だった。だが、一行を見つけた島民たちはドワンを差し出すように要求して来たため、一旦、船に戻った。しかしその夜、ドワンに執着する彼らは、ドワンを拐い、いけにえとして城門の中に入れた。その時、森の奥から凄まじい地響きとともに、島民たちが『コング』と呼んでいた、身長は20メートルはあるかと思われる巨大なゴリラが現われた。気も狂わんばかりのドワンだったが、コングは意外にも優しく、彼女が傷つかないように大切に扱った。一方、プレスコット率いる捜索隊がコングを追って来たが、逆にコングに襲われた。辛うじて救かったプレスコットは、大蛇と格闘しているコングの隙を見てドワンを救出し、2人を追いかけて来たコングを、ウイルソンたちが巨大な落し穴に落とし、ニトロで眠らせて生け捕りに成功した。ウイルソンはこのコングをペトロックス社の宣伝に使おうというアイデアに夢中になっていたのだ。やがてコングはマンモス・タンカーでニューヨークに運ばれたが、ドワンはコングに対して恐怖感よりも同情心を抱くようになっていた。ニューヨークのシェイ・スタジアム。大観衆の目の前に鋼鉄の鎖に縛られたコングが姿を現わした。だが、コングは、もう1人の主役であるドワンに記者たちがフラッシュを集中した時、彼女の危機と思い、彼女を救うべく自らの鎖を断ち切った。逃げまどう観客でスタジオは大混乱となり、ウイルソンはコングの巨大な足に踏み潰された。電車を破壊し、マンハッタンで遂にドワンを手にしたコングは、世界貿易センタービルに登った。銃を装備したヘリコプターがコングを襲った。ドワンを安全な場所に移したコングは、素手で立ち向かったが、やがて血だらけのまま地上に落下していった……。

見たい映画に
登録した人
11

作品データ

原題 King Kong
製作年 1976年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

キングコングの優しさと哀しさ

投稿者:たっかん

(投稿日:2016/08/03)

本作、三回目の鑑賞。 この映画、ワールド・トレード・セ…

[続きを読む]

支持者:1人

キングコング映画の決定版!

投稿者:ヤンマ

(投稿日:2009/09/19)

すでに、名作の誉れ高い、偉大なオリジナルが存在している。現代…

[続きを読む]

支持者:2人

『キングコング』(6作品)

キングコング:髑髏島の巨神
キングコング:髑髏島の巨神 (2017年3月25日公開)

トム・ヒドルストンらが出演、キング・コング誕生の起源を描くアドベンチャー

キング・コング
キング・コング (2005年12月17日公開)

ピーター・ジャクソン監督、ナオミ・ワッツ主演による同名映画のリメイク

  • キングコング2 (1986年12月20日公開)

    ニューヨークの世界貿易センタービルから墜落死したキングコングが現代医学で息を吹き返し、愛するレディコングを守るために再び人間と対決する。

  • キングコング(1976) (1976年12月18日公開)

    33年に製作された「キング・コング(1933)」の再映画化。

  • キングコングの逆襲 (1967年7月22日公開)

    「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」の馬淵薫がシナリオを執筆し、「お嫁においで」の本多猪四郎が監督した怪獣もの。

  • キング・コング(1933) (1933年公開)

    「地上」「チャング」の共作者たるメリアン・C・クーパーとアーネスト・B・シューザックがRKOに於いて再び共同して監督した映画で、エドガー・ウォーレスとクーパーが立てた原案により、「爆笑隊従軍記」のジェームズ・アシュモア・クリールマンがルース・ローズと共同して脚本を制作した。

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > キングコング(1976)

ムービーウォーカー 上へ戻る