映画-Movie Walker > 作品を探す > 聖女と拳銃

助監督水沼一郎のオリジナル『人殺しのバラッド』の映画化。「ある落日」の光畑碩郎が脚色、「わかれ」の野崎正郎が監督した。撮影担当は鶴見正二

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

港の傍らの遊園地、空中観覧車の鉄骨の下で薄闇のせまる頃、拳銃のうち合いがあった。港の無頼漢・久松組組長一味と対峙したのは村田組組長村田恭輔とその乾分達だった。街角に小さな花屋があった。十七歳になる和子は両親を失い叔父秋本真吉を手伝って花と共にくらす清純な少女だった。花屋の開店二周年記念の日、和子は十七人目の客を“マスコットのお客様”としてサービスすることを考えついた。そしてその十七人目の客とは……撃ち合いで傷つきパトカーの眼を逃れてとびこんで来た村田だった。和子の胸には村田の姿が強く焼付けられた。村田にはバーをやらせている情婦マリエがいたが、村田も自分を信じて疑おうとしない和子の無垢な姿を忘れようとはしなかった。村田が幼い時彼の父は無実の罪で獄死した。以来法を頼らず力だけを頼んで生きて来た無頼漢村田にとって、いわば和子は神のような存在だった。村田は港の暗黒街の大ボス伊勢に会った。伊勢はピンハネをする港湾の井原組に反抗して立ち上った植村たち沖仲仕の集会を暴力で破れと言葉巧みに村田をそそのかした。伊勢の言葉に、沖仲仕こそ港を荒らす一味と感違いした村田は伊勢の命令を遂行した。晴れた日、村田は和子と江ノ島にドライブした。村田にとって和子の心はますます美しいものだった。植村は村田に伊勢から離れることを再三すすめた。伊勢一派は植村殺害を企てた。そして植村は死んだ。だが植村の眼はウィンチマンに合図した伊勢を見た。村田は伊勢と対決した。しかし和子を思うと村田には殺せなかった。クリスマス・イブ、伊勢一派に追われながら村田は教会に和子をさがした。その夜、村田は一味の兇弾に倒れ、教会の路上で息絶えた。クリスマスの朝、山のような贈り物に囲まれた和子の前を死体運搬車が通った。それが初めて人間の尊さを知り、これから生きようとした時に散った村田を運ぶ車だとは、和子はむろん知らなかった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Seventeenth Guest
製作年 1959年
製作国 日本
上映時間 66
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 野崎正郎
製作 植野哲雄
原作 水沼一郎
脚色 光畑碩郎
撮影 鶴見正二
音楽 中村八大
美術 浜田辰雄
編集 北見精一
録音 新楠元
照明 鈴木茂男

キャスト

村田恭輔 大木実
和子 鰐淵晴子
マリエ 田代百合子
伊勢 明石潮
植村俊作 三井弘次
柏木国造 磯野秋雄
柏木静江 水上令子
柏木三太 東山幸二
秋本真吉 小林十九二
秋本春美 伊藤茂子
秋本安夫 小橋一夫
小野良
川勝 川金正直
松秀 森戸宏二
井原 鬼笑介
佐野 今井健太郎
久松 永井達郎
藤岡 稲川善一
藤岡澄子 水木涼子
少年 谷合照幸
村田の中学時代 羽下勝也
村田組の若い者 藤田貢
伊勢の秘書 諸角啓二郎
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 聖女と拳銃

ムービーウォーカー 上へ戻る