映画-Movie Walker > 作品を探す > 対決(1967)

「嵐来たり去る」の池上金男舛田利雄が共同でシナリオを執筆し、舛田利雄が監督したアクションもの。撮影は「君が青春のとき」の萩原憲治

3/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大正末期。上州富河原一帯に勢力を張っている芝寅一家は新興やくざの高安一家に押され気味だった。芝寅は次々と縄張りを荒されるに及んで、ついに殴り込みを決意し、それを銭山にまかせた。銭山は代貸清太郎の弟直二郎や客人の満州常を率いて高安一家に殴り込んだ。彼らは高安と代貸益子を逃がしたものの、勝負は芝寅一家の勝利に終った。しかし翌日、芝寅の宴会の席に高安とその残党が殴り込み、電灯の消えた暗闇の中で芝寅と高安が殺された。このため直二郎は清太郎の命令で、一切の責任を負って自首したのだった。--それから六年後、出所した直二郎が帰ってみると富河原は手を結んだ金山と益子に支配され、清太郎は乞食同然に放り出されていた。しかも直二郎と相思相愛の仲だったおしんは銭山によって遊廓に売られ直二郎に会うと自殺してしまった。怒った直二郎は暴れ回ったが、益子に捕われて悽惨なリンチを受けた。それを見た銭山はさすがにとめようとしたが、益子は狂気のように直二郎を痛めつけるのだった。しかし、直二郎は益子の洩らした言葉から、芝寅を殺したのが、銭山に命ぜられた満州常であることを知った。その満州常は、かつての殴り込みの際、直二郎に命を助けられた恩を返すため、彼を益子のリンチから救い出したのだった。芝寅の死にからんで対立する二人の間に、友情が芽生えたのはその時からだった。一方、仲間割れで益子を殺した銭山は直二郎を逃がした満州常を怒って捕えたが、今度は直二郎が救い出した。直二郎は芝寅の本当の仇は銭山とばかり斬りつけたが、銭山のとどめを刺したのは清太郎だった。銭山の子分らが、彼らと手を切った満州常と、直二郎に倒されたのはその直後だった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Friendly Enemies
製作年 1967年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 95
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 舛田利雄
脚本 池上金男舛田利雄
企画 高木雅行
撮影 萩原憲治
音楽 真鍋理一郎
美術 木村威夫
編集 井上親弥
録音 福島信雅
スクリプター 土屋豊
照明 宮崎清

キャスト

満州常 小林旭
大竹直二郎 高橋英樹
大竹清太郎 中谷一郎
おしん 北林早苗
お光 和泉雅子
芸者小吉 三条泰子
銭山亀吉 青木義朗
益子健 玉川伊佐男
島崎久七 久遠利三
芝田寅吉 安部徹
きく 新井麗子
繁やん 武藤章生
加納司法主任 葉山良二
小西警察署長 伊藤寿章
高山安造 山田禅二
芝寅一家の岩三 木島一郎
芝寅一家の粂吉 杉江弘
芝寅一家の音松 黒田剛
囚人白浜 河野弘
囚人新入り 亀山靖博
下足番喜助 河上信夫
下足番(一) 本目雅昭
下足番(二) 式田賢一
下足番(三) 根本義幸
印半纏の男 水木京一
妓夫太郎 島村謙次
女工お鈴 兜木美鈴
女工お照 瞳美沙
女工お雅 和田美登里
見廻り頭 榎木兵衛
銭山の子分A 晴海勇三
銭山の子分B 有村道宏
益子の子分A 高橋明
益子の子分B 立川博
島崎の子分 中平哲仟

レビュー

日活任侠映画の佳作

投稿者:ひろちゃん

(投稿日:2010/11/16)

60年代末の舛田作品に、画面も締っていて、娯楽映画としての …

[続きを読む]

支持者:0人

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 対決(1967)

ムービーウォーカー 上へ戻る