映画-Movie Walker > 作品を探す > 箱根山

朝日新聞連載獅子文六原作から、「旅愁の都」の井手俊郎と「青べか物語」の川島雄三が共同で脚本を執筆、川島雄三が監督した文芸ドラマ。撮影は「香港の星」の西垣六郎

4/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

天下の嶮といわれる箱根山はまたケンカのケンでもある。勢力を張り合う西郊鉄道と南部急行の長年にわたるイザコザから旅館同士の反目まで……。足刈にある二軒の旅館、玉屋と若松屋は血縁同士なのに先祖代々百五十年間というもの犬猿の仲。玉屋の女主人里は、九十にとどこうという年だがカクシャクたるもので、大番頭小金井と温泉を掘りあてようと若松屋に対する敵意をかきたてている。一方、若松屋の主人幸右衛門はインテリで考古学に凝り、旅館稼業にはあまり熱を入れてないのだが、こと玉屋に間しては対抗意識がもえあがる。ところが、こともあろうに幸右衛門の一人娘明日子の家庭教師に玉屋の若番頭乙夫を頼まねばならぬハメになった。乙夫はあいの子だが、里に育てられ玉屋の跡つぎにと期待されている。若い二人は大人たちのメンツなどどこ吹く風、いつか心を通わせるようになった。夏場をひかえたある日、玉屋から火事が出た。駈けつけた乙夫に救い出されたものの、動転している里をやさしくいたわったのは明日子だった。ショックで寝ついた里の玉屋をめぐって、観光資本会社が続々と復興融資を申し入れてきた。やがては大資本がこの足刈全体を占領する。頭のいい乙夫は敏感に感じとっていた。湖水祭の夜、乙夫と明日子は十年後を誓い合った。二人が夫婦になれば両家の跡つぎ問題も、いがみ合いも一挙に解決するし、玉屋と若松屋を一つにしてモダンなホテルを建設するのだ。それを夢みて、乙夫は以前から才能を見込んでくれた観光事業王北条一角の社員になることを決意した。明日子もその間旅館経営の猛勉強に励むことになった。二人の前途を祝すかのように、熱い温泉が吹き出したのは、乙夫が東京へ発った直後だった。里は再び気力をとりもどし、対抗上若松屋もボーリングをはじめた。二軒の旅館は表面、また同じような対立を続けている。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1962年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 105
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 川島雄三
製作 藤本真澄角田健一郎
原作 獅子文六
脚色 井手俊郎川島雄三
撮影 西垣六郎
合成 向山宏
音楽 池野成
美術 浜上兵衛
編集 岩下廣一
録音 藤縄正一
スクリプター 山崎淳
助監督 錦織正信
照明 西川鶴三
整音 下永尚
製作担当者 森本朴

キャスト

森川里 東山千栄子
勝又乙夫 加山雄三
小金井寅吉 藤原釜足
茗荷屋フミ子 北あけみ
森川幸右衛門 佐野周二
森川きよ子 三宅邦子
森川明日子 星由里子
北条一角 東野英治郎
塚田肇 有島一郎
大原泰山 森繁久彌
篤川安之丞 小沢栄太郎
大浜銀次 上田吉二郎
近藤杉八 中村伸郎
千葉雄次郎 浜田寅彦
唐崎運輸大臣 藤田進
自動車道課長 田島義文
高野昭一 桐野洋雄
井川京子 瓜生登代子
川口豪 藤木悠
工藤経信 熊谷二良
奥野進 児玉清
小谷正吉 古田俊彦
お静 塩沢とき
お絹 小西ルミ
怒田重造 西村晃
小林孝次郎 井上大助
植木俊哉 二瓶正也
お源 三田照子
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 箱根山

ムービーウォーカー 上へ戻る