映画-Movie Walker > 作品を探す > 春の山脈

源氏鶏太原作を「背徳のメス」の野村芳太郎が脚色・監督した明朗青春篇。撮影もコンビの川又昂。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東京の高校を出て故郷の会津若松へ帰った友子は、細々と生計をたてる母信子と、高校へ進学する弟平一のために就職しようと、帰郷の途中知り合った末広酒造の栗村社長に履歴書をみせたところ、即座に採用された。若い社員の須山隆吉はこれに不審を抱く。会社は今年新規採用をせず、現に友子の中学の同級で今は半玉をしている豆太郎が弟の達夫を入社させて貰おうと、社長の息子謙太郎を通じて頼んだのも断られているのだ。豆太郎はもとより、友子自身スッキりしないが、昔、友子の母と栗村社長が恋仲で、それを今でも口うるさい母のとめにさかれたことが判った。そこで友子は母と社長を再会させようとはかったりする。隆吉は社長と友子が親しすぎるのを心配するが、一方、息子の謙太郎も明るい友子に好意をもちはじめた。豆太郎との芸者遊びを楽しむ謙太郎を苦々しく思った祖母とめは、謙太郎に早く嫁をと考え、友子に白羽の矢をたてた。これを知った豆太郎は営業妨害だと怒り二人は決闘することになった。決闘というのは女学校のグラウンドを一周競走することで、隆吉を審判に思いきり走った二人の気持は、それで晴れ晴れするのだった。豆太郎の父が酔ってケガをした。豆太郎は謙太郎に金の相談をした。謙太郎は隆吉や友子に励まされて祖母に話してみた。とめは金を持って豆太郎の家へ行き、その代り、謙太郎の嫁は友子に決めたと断言する。突然のことで驚いた友子は、豆太郎に狂言自殺でもすれば祖母の気持が変わるかも知れないと入れ智恵した。まもなく、豆太郎が温泉宿で薬をのんだ。友子はそこで、豆太郎が死ぬほど謙太郎を好きなのだと力説する。ところが意外、これは狂言でなく、女将から一本になれと無理強いされて、ほんとに死ぬ気だったのだ。生命はとりとめたが、その遺書がみんなを驚かせた。「私若旦那なんて何とも思っていません。私の好きなのは若旦那でなく隆吉さん。隆吉さんと友子ちゃんは愛し合っているのでしょう。お倖せに……というのだ。みんな、お互の気持を誤解していたのである。まだ若いみんなにとって、青春はこれからどう開いてゆくだろう。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1962年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 72
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 野村芳太郎
製作 保住一之助
原作 源氏鶏太
脚色 野村芳太郎
撮影 川又昂
音楽 池田正義
美術 宇野耕司
編集 浜村義康
録音 栗田周十郎
スチール 梶本一三
照明 佐藤勇

キャスト

新谷友子 鰐淵晴子
母信子 藤間紫
弟平一 草山英雄
須山隆吉 山下洵二
栗村謙太郎 三上真一郎
父順造 佐野周二
祖母とめ 浦辺粂子
山崎君子 十朱幸代
父虎吉 西村晃
母かね 菅井きん
弟達夫 綿田仁
置き屋女将 桜むつ子
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 春の山脈

ムービーウォーカー 上へ戻る