映画-Movie Walker > 作品を探す > 女囚さそり けもの部屋

“さそり”シリーズ第三作目。刑務所を脱走した女囚“さそり”が“けもの部屋=都会”に潜伏し、逃亡生活を送る姿を通じて、権力に対しての怨念を描く。原作は篠原とおるの劇画「さそり」。脚本は「女囚さそり 第41雑居房」の松田寛夫、監督も同作の伊藤俊也、撮影は「夜の歌謡シリーズ 女のみち」の清水政郎がそれぞれ担当。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 5
レビュー 0
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 33% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (3)
星2つ 33% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

“さそり”こと松島ナミは、刑務所を脱獄した。地下鉄で逃亡中、二人の刑事に追われ手錠をかけられたナミは、隠し持っていたドスで、一人を殺し、手錠をかけた権藤刑事の右腕を斬り落し、逃走した。墓場で手錠を外そうとしているナミを、一人の女、ユキが見ていた。ユキには両親がなく、知的障害者の兄、正男との二人暮しだった。そして、ユキは正男を養うために、自分の体を犠牲にしてまでも正男に尽くしていた。数日後、ナミは洋裁の針子として働いた。だが、士地のヤクザ・鮫島興業の幹部谷田は、ナミの正体を知って、肉体を要求してくるが、谷田の情婦・安江の嫉妬を巧みに利用して、安江に谷田を殺させる。それを知った鮫島は、ナミを捕えた。ところが、鮫島の女房カツは、ナミの刑務所仲間で、ナミに苦い思いをさせられた事もあり、凄絶なリンチを加えて鳥小屋に監禁する。そこでナミは、客に子供を孕ませられたしのぶが、鮫島たちに無理矢理堕胎させられ死んでしまった、ということを知った。あまりにも悪辣なやり口に、ナミは憎悪に燃えていき、悪徳医師の山下や、鮫島の子分たちを次々に殺していった。強気だったカツは、さすがに恐れをなし、自ら刑務所の中へと逃げ込んでしまった。鮫島はビルの中に隠れたが、厳重な警戒網をくぐりぬけたナミによって、殺された。一方、右腕を斬り落された権藤は、猟犬のようにナミを追った。追いつめられたナミは地下道に逃げ込む。封じ込め作戦を取る警官隊。その頃、ユキは、ナミの安否を気遣って、マンホールからマンホールへと、火のついたマッチを落してナミに呼びかけた。半身を泥水に浸って疲労と飢えと寒気に耐えて身を潜めていたナミは、ユキの呼びかけを聞いた。それから一週間、ナミはユキからの食料の差し入れで耐えていた。だが、ユキは権藤に掴まり、激しい拷問の末、ナミの居所を吐かされてしまった。マンホールからガソリンを流し込まれ、火責めにされたナミは、泥水に潜って辛くも生き伸びた。翌日、街娼を装ったナミは、放火犯として刑務所に入った。刑務所の中でナミを見たカツは、恐怖から精神異常をきたし、尋問に来た権藤をナミと錯覚して締め殺した……。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1973年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 87
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク delicious livedoorクリップ
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 伊藤俊也
脚本 松田寛夫
原作 篠原とおる
企画 吉峰甲子夫
撮影 清水政郎
美術 桑名忠之
音楽 菊池俊輔
録音 広上益弘
照明 梅谷茂
編集 田中修
助監督 馬場昭格
スチール 加藤光男

キャスト

松島ナミ 梶芽衣子
権藤徹 成田三樹夫
鮫島カツ 李礼仙
中川ユキ 渡辺やよい
鮫島剛次 南原宏治
高橋 佐藤晟也
谷田 藤木孝
安江 真山知子
しのぶ 森みつる
山崎 藤山浩二
山下 関山耕司
安達 八名信夫
八木 土山登志幸
鮫島興業子分 伊達弘
鮫島興業子分 沢田浩二
たこ八郎
刑事 植田灯孝
刑事 山田甲一
看守 高野隆志
ヌードスタジオの女 小林千枝
ヌードスタジオの女 宗田政美
ヌードスタジオの女 亀井和子
ヌードスタジオの女 城恵美
ヌードスタジオの女 章文栄
警官 木村修

『女囚さそり』(11作品)

さそり
さそり (2009年8月8日公開)

「女囚701号 さそり」を水野美紀主演でリメイク、日香合作アクション

  • サソリ 女囚701号 (1998年10月31日公開)

    殺された妹の復讐のため、怨念のヒーロー松島ナミが刑務所を舞台に活躍するダークアクション。

  • サソリ 殺す天使 (1998年10月31日公開)

    前作「サソリ 女囚701号」から数年後、ナミが妹殺しの犯人を執拗に追いつめていく姿を描いたダークアクション。

  • SASORI IN U.S.A. (1997年4月5日公開)

    フィアンセ殺しの容疑をかけられロスの刑務所へ送られた日本人女性が、自分を陥れた男に復讐を遂げる姿を描いた愛と戦いのアクション・ドラマ。

  • 新女囚さそり 特殊房X(エックス) (1977年6月18日公開)

    篠原とおる原作で「ビックコミック」に連載されていたもので、梶芽衣子、多岐川裕美と続いた主役に今回は新人の夏樹陽子を起用。

  • 新女囚さそり 701号 (1976年11月17日公開)

    篠原とおるの人気劇画を映画化した“さそりシリーズ”の二年半ぶりの復活で、政治家の陰謀で姉を殺され、輪姦されて、女子刑務所に投じられた松島ナミが、怨念を抱いて次々に仇に復讐していく姿を描く。

  • 女囚701号 さそり (1972年8月25日公開)

    女の憎しみと体臭がむせかえる女子刑務所を舞台に、恋人の裏切りに対し復讐の怨念を異常に燃やし続ける主人公を中心に、極限に追つめられた女囚たちの生態を描く。

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 女囚さそり けもの部屋

ムービーウォーカー 上へ戻る