映画-Movie Walker > 作品を探す > アルプスの少女ハイジ(1967)

5/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

美しい南アルプスの山々にかこまれた小さな村で、頑固で人づきあいの嫌いな老人のアルル(G・ミッテルマイヤー)と、孫のハイジ(E・M・ジングハンマー)は、のどかな生活を送っていた。ハイジは、お爺さんの育児方法にしたがって、学校や教会へも行かず、親友の山羊飼いのペーターと、山の牧場で楽しい日々をすごしていた。そんなある日、ハイジの叔母で、フランクフルトの大金持ゼーセマン家の家政婦をしているデーテがゼーセマン家の足の悪い一人娘の勉強相手に、ハイジを欲しいと訪ねてきた。お爺さんはむろん大反対だったが、デーテはお爺さんの留守に、ハイジを連れ出した。フランクフルトのゼーセマン邸についたハイジは、車椅子に座ったきりのクララ(M・トルーガー)に紹介された。母親がなく、父も仕事の都合で留守がちで、淋しがっていたクララは、ハイジが来たことを心から喜んだ。こうしてハイジとクララは一緒に勉強したり、遊んだりの毎日がはじまった。が自然の中で育ったハイジは、山や木のない生活は悲しかった。そうして何日かたった。街のはずれにある馬小屋で一頭の仔馬が生まれ、二人はそれをみに出かけた。ハイジは久しぶりに友だちに会ったような気になり、馬舎に入っていった。表にいたクララは、仔馬みたさに背のびしたが窓が高く、みることができなかった。クララは窓の手すりにしがみつくと、車椅子から立った。今まで座ったきりだったクララが立った!その日からハイジはクララを助け、歩かせることに夢中になった。そしてついにクララは、自分の足であるけるようになった。それからしばらくして、ハイジは突然、発熱した。診察を終えた医者は、ハイジには山をみせるのが一番の薬と言い切った。こうしてハイジは、ゼーセマン家の人々の感謝の言葉を背に、お爺さんの好きなパイプを土産に、アルプスに帰った。アルプスもペーターも、そして、お爺さんも、昔のままの暖かさでハイジをまっていたのだった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 Heidi
製作年 1967年
製作国 ドイツ
配給 日本ヘラルド映画
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > アルプスの少女ハイジ(1967)

ムービーウォーカー 上へ戻る