映画-Movie Walker > 作品を探す > 続・夕陽のガンマン 地獄の決斗

ルチアーノ・ヴィンセンツォーニ、トニオ・スカルペッリ、セルジオ・レオーネの共同脚本を、「夕陽のガンマン」のセルジオ・レオーネが監督した西部劇。撮影はトニーノ・デリ・コリ。出演は前作「夕陽のガンマン」と同じくクリント・イーストウッドとリー・ヴァン・クリーフ、「ロード・ジム」のイーライ・ウォラックなど。製作はアルベルト・グリマルディ。テクニカラー、テクニスコープ。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 28
レビュー 2
投票 26
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (18)
星4つ 27% (5)
星3つ 27% (5)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

南北戦争末期の西部。ジョー(C・イーストウッド)とテュコ(E・ウォラック)の二人はコンビを組んで賞金をかせいでいた。テュコが人を殺し、賞金つきのお尋ね者となる。そのテュコをジョーがとらえて賞金をうけとりテュコが絞首刑という寸前にジョーが救い出す、といった方法だった。だが、この商売も次第にあぶなくなってきたので、ジョーはテュコを捨て、去っていった。怒ったテュコは、ジョーを罠におとしてとらえ、砂漠の中で痛めつけた。その時、南軍の兵士の死体をのせた馬車が疾走して来た。その中に唯一人瀕死の兵士がおり、水を求めていた。その兵士が墓地に隠した二十万ドルのありかを知っているというので、テュコは水を取りに行ったが、戻ってくるとすでに死んでいた。そしてジョーはその墓の名を聞いていた。墓地の名をテュコが、墓石の名をジョーが知っているということで、二人は相棒になるしかなかった。二人は南軍の軍服を着込み、救護所へもぐり込んだが、その軍服のために北軍の捕虜となり、収容所にぶち込まれてしまった。その収容所には以前から隠した二十万ドルをさがしていたセサンテ(L・V・クリーフ)がおり、二人はさんざん責められた。が、ジョーがいくら拷問をかけても口を割りそうにない男だとみたセサンテは、同盟を結び一緒に金を捜すことにした。だが出来ることなら金を全部一人占めにしたいと思うのが人情である。三人は、それぞれに相手をだしぬこうと争った。そしてまずセサンテが二人に射殺された。残った二人はおめあての金を掘りあてたが、テュコはジョーの罠にかかってしまった。しかし、ジョーはテュコを射殺することはできず、結局、また旅を続けるのだった。

見たい映画に
登録した人
14

作品データ

原題 The Good, The Bad and The Ugly
製作年 1967年
製作国 イタリア
配給 ユナイト
上映時間 178
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

マカロニの傑作

投稿者:トシ

(投稿日:2007/10/01)

この作品は知る人ぞ知るレオーネ監督&イーストウッド…

[続きを読む]

支持者:5人

西部劇史上、最高の決闘シーン

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/05/31)

 イタリアン・ウエスタン(マカロニ・ウエスタンという呼称は故…

[続きを読む]

支持者:4人

『ドル箱三部作』(3作品)

  • 続・夕陽のガンマン 地獄の決斗 (1967年12月23日公開)

    ルチアーノ・ヴィンセンツォーニ、トニオ・スカルペッリ、セルジオ・レオーネの共同脚本を、「夕陽のガンマン」のセルジオ・レオーネが監督した西部劇。

  • 夕陽のガンマン (1967年1月20日公開)

    セルジオ・レオーネとフルヴィオ・モルセッラのストーリーをルチアーノ・ヴィンセンツォーニとセルジオ・レオーネが脚色、レオーネが「荒野の用心棒」(この時はボブ・ロバートソンというアメリカ名を使用)についで発表した製作・監督の西部劇アクション。

  • 荒野の用心棒 (1965年12月25日公開)

    クリント・イーストウッド主演、1872年のニュー・メキシコを舞台にした西部劇

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 続・夕陽のガンマン 地獄の決斗

ムービーウォーカー 上へ戻る