Movie Walker Top > 作品を探す > 太陽がいっぱい

太陽がいっぱいの画像

ルネ・クレマンの「海の壁」以来の映画。アラン・ドロンが“天使の顔をした悪人”を演じるサスペンス・ドラマ。出演はドロンのほか、新星マリー・ラフォレ、「死刑台のエレベーター」のモーリス・ロネら。フランス映画で活躍したスターたちの代表作をニュープリントで上映する「フランスがいっぱい」などでも上映。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 57
レビュー 8
投票 49
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (35)
星4つ 40% (14)
星3つ 22% (8)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

トム・リプレイ(アラン・ドロン)は、フィリップ(モーリス・ロネ)と酔っぱらってナポリに遊びにきた。近くの漁村モンジベロからだ。--トムは貧乏なアメリカ青年だ。中学時代の友人・金持のドラ息子フィリップを、父親から頼まれて連れ戻しにきたのだ。五千ドルの約束で。フィリップにはパリ生れのマルジェ(マリー・ラフォレ)という美しい婚約者がいた。--ナポリから帰った時、アメリカから契約をやめる手紙が来ていた。フィリップが約束の手紙を出さなかったからだ。トムが邪魔になっていた。友人のパーティーに向うヨットの上で、トムはますます彼からさげすまれた。裸でボートに放り出され、全身が火傷のように日焼けした。--彼は決意し、まず小細工をして、マルジュとフィリップに大喧嘩をさせた。彼女が船から下りたあと、フィリップに向い、刺し殺した。死体はロープで縛り、海へ捨てた。陸へ上ると、彼はフィリップになりすました。ホテルに泊り、身分証明書を偽造し、サインを真似、声まで真似た。金も衣類も使った。ヨットを売り払う交渉も、親元からの送金を引き出す仕事もうまくいった。マルジュあてのフィリップの手紙をタイプし、送った。彼女は彼を忘れられずにいた。ホテルにフィリップの叔母が現れたが、姿をくらますことができ、別の下宿に移った。 そこに、フィリップの友人が訪ねてきて、何かを察したようだった。トムは平生から憎んでいたその男を殺し、死体を捨てた。それは発見され、刑事が調べにきた。死体確認に集った時、トムはマルジェにフィリップはモンシベロに戻ったと告げた。女刑事が盗み聞いていた。トムはモンジベロの家にその夜いくと、遺書を書き、送金を全部ひき出したのをマルジェに残し、自殺したことにした。警官もマルジュも駈けつけたが、彼は逃げおおせた。彼は元のトムに戻り、傷心のマルジェをいたわり、愛を告げた。彼女もついに彼を受け入れ、結婚することになった。遺産も手に入るだろう。彼が海水浴のあと、極上の酒に酔っていた時、フィリップのヨットが売られるために陸に引きあげられていた。スクリューにからまったロープの先からフィリップの死体が現われた。

見たい映画に
登録した人
40

作品データ

原題 Plein Soleil
製作年 1960年
製作国 フランス イタリア
配給 新外映
上映時間 118
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク delicious livedoorクリップ
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

残酷ながらも美しい伝説的なラストシーン

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/05/26)

 「太陽がいっぱい」を鑑賞していなくても、題名を知らない映画…

[続きを読む]

支持者:6人

天使の仮面を被った悪魔

投稿者:星織音

(投稿日:2012/06/27)

アラン・ドロンって美男子だけど、物凄く迫力が有ります。 傭…

[続きを読む]

支持者:0人

きれいなアランドロンに脱帽!

投稿者:aviraunken

(投稿日:2012/01/09)

とにかく、インドシナ戦線から戻ってきた兵隊さん、アランドロン…

[続きを読む]

支持者:0人

『午前十時の映画祭』(86作品)

ブラック・サンデー
ブラック・サンデー (2011年2月5日公開)

トマス・ハリスの同名小説の映画化、国際テロ組織とイスラエル特殊部隊の攻防を描く

ニュー・シネマ・パラダイス(デジタル・リマスター版)
ニュー・シネマ・パラダイス(デジタル・リマスター版) (2005年12月23日公開)

ジュゼッペ・トルナトーレ監督、映写技師と子供との交流を描いた感動作

エデンの東(デジタル・リマスター版)
エデンの東(デジタル・リマスター版) (2005年11月3日公開)

ジェームズ・ディーン主演、エリア・カザン監督の名作のデジタル・リマスター版

天井桟敷の人々
天井桟敷の人々 (2005年1月15日公開)

 名匠マルセル・カルネによるフランス映画の大作。

  • 太陽がいっぱい (2004年10月30日公開)

    ルネ・クレマン監督、アラン・ドロン主演の犯罪映画

  • ライムライト (2003年7月26日公開)

    C・チャップリン監督・主演、失業中のバレリーナと老コメディアンの人生模様を描く

  • チャップリンの独裁者 (2003年7月12日公開)

    C・チャップリン監督・主演、ヒトラーの独裁政治とナチズムを風刺的に描く

  • 羊たちの沈黙 (2001年3月17日公開)

    アンソニー・ホプキンス主演、連続誘拐殺人事件の謎を追うサイコスリラー

  • ショーシャンクの空に (1995年6月3日公開)

    20年近くの刑務所生活の中でもおのれを見失わず、ついには脱獄に成功した男の奇妙な逸話の数々と、その親友の囚人をめぐるヒューマン・ドラマ。

  • 卒業 (1968年6月8日公開)

  • 山猫 (1964年1月18日公開)

  • (1963年7月5日公開)

  • 裏窓 (1955年1月29日公開)

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
iPhoneアプリ「ムービーウォーカー」
メールマガジン:週刊MovieWalker

映画上映スケジュールが無料で探せるiPhoneアプリ
»詳しくはこちら

Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > 作品を探す > 太陽がいっぱい

ムービーウォーカー 上へ戻る