映画-Movie Walker > 作品を探す > 郵便配達は二度ベルを鳴らす(1942)

ファシスト体制下の社会の底辺でうごめく人々の、反ファシズム性と扇情的な愛の力強さを描く。製作はリベーロ・ソラローリ、監督は「イノセント」のルキノ・ヴィスコンティ。ジェームズ・ケインの原作をヴィスコンティ、マリオ・アリカータ、ジュゼッペ・デ・サンティス、ジャンニ・プッチーニ、アントニオ・ピエトランジェリが脚色。撮影はアルド・トンティとドメニコ・スカラ、音楽はジョゼッペ・ロサーティが各々担当。出演はマッシモ・ジロッティ、クララ・カマライ、ジュアン・デ・ランダ、エリオ・マルクッツォ、ディーア・クリスターニなど。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 11
レビュー 2
投票 9
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (3)
星4つ 100% (3)
星3つ 100% (3)
星2つ 0% (0)
星1つ 66% (2)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ポー河沿いのレストラン・ドガナの経営者ブラガーナ(ジュアン・デ・ランダ)の妻ジョヴァンナ(クララ・カラマイ)は、一回りも年の違う夫との生活にへきえきし、退屈な毎日を送っていた。そんなある日、一台のトラックから放り出されてドガナのカウンターを叩いた男、ジーノ(マッシモ・ジロッティ)に魅せられ、激情がわくのを感じた。一方、ジーノもジョヴァンナの官能的な眼差しに欲情をかきたてられていた。ブラガーナが留守中のドガナの一室は、2人の愛欲の場となり、駆け落ちを決行するまでには時間はかからなかった。しかし、売春婦まがいの生活をしていたジョヴァンナにとって経済的に安定した今の生活を捨ててまで愛を貫く気はなく、30分もいかないうちに後戻りしてしまった。一人で汽車に乗ったジーノは、イスパ(エリオ・マルクッツォ)と名乗るスペイン人の旅芸人と知り合い、気ままな旅を続けた。何も知らないブラガーナは気嫌をとる為にジョヴァンナを連れて町に来たが、そこで偶然ジーノと会い、再び彼を雇うために一緒に連れ帰ることにした。帰途、それはジーノとジョヴァンナにとって結ばれる最後のチャンスだった。2人は泥酔する夫を事故死に見せかけて殺害した。警察の取り調べをうまくかわし、店を改装してジーノと平穏な日々を送るジョヴァンナだったが、ジーノは不安と悔恨に苛まれる毎日を送っていた。町に出たジーノは、そこでジョヴァンナにはない清冽な魅力に富む娘アニータ(ディーア・クリスターニ)と知り合い、ジョヴァンナのもとを去り、アニータのアパートへと走った。一方、警察は、2人の噂を聞きつけてドガナを訪れたイスパの証言などから、ブラガーナの死を殺人と断定し、2人を指名手配した。警察の動きを察知したジーノはジョヴァンナが売ったのだと思いドガナに行くが、ジョヴァンナのジーノに対する一途な思いを知り激しく心を揺り動かされる。ジョヴァンナはジーノの子を身ごもっていたのだ。幸福感にひたる彼女にとって、しかし目の前を走るトラックが運命を逆転するなどとは思いもよらなかった。追いこそうとしたジーノの車がトラックにぶつかり、ジョヴァンナは一瞬にして死人と化してしまったのだった。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

原題 Ossessione
製作年 1942年
製作国 イタリア
配給 インターナショナル・プロモーション
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

黒澤明監督の「素晴らしき日曜日」を彷彿とさせる

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/05/23)

 文学におけるヴェリズモの影響下から誕生、ネオリアリスモの先…

[続きを読む]

支持者:4人

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 郵便配達は二度ベルを鳴らす(1942)

ムービーウォーカー 上へ戻る